fixNES一覧

GameGaz Daily 2018.7.24

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.09をリリースしていました。xmc0でのiso/cso/pbpサポートの修正などが変更点です。

●ツイッターで、TheFloW氏がVitaでDualShock3/4をサポートするプラグインとAdrenalineのアップデートを近く公開すると発表していました。

●GitHubで、SKGleba氏がPS Vita/Vita TVのフォントなどを含むシステムデータをur0またはux0にリダイレクトすることができるユーティリティsa0tour0 v2.25をリリースしていました。
インストール方法は
1) VPKをダウンロード
2) sa0(フォントデータを格納しているパーティション)のdataフォルダをur0またはux0にコピーしVitaを再起動
3) sa0tour0アプリケーションを開き、システムデータでリダイレクトしたいデータ(例えば.pvfのフォントなど)を選択しSELECTを押す
4) リダイレクトしたいディレクトリを選択(フォントの場合はur0:data/font/pvf/など)
5) 数秒で設定完了するのでVitaを再起動
同じようなものでfontRedirectというのがありましたが、1年弱更新されていないのでフォントをいじるならこちらの方がいいかもしれません。sa0自体をモディファイするとbrickする可能性がありますので注意が必要です。

●Switchエミュレータyuzu開発チームが最新の開発進捗状況第2弾を公表していました。CPUエミュレーションにDynarmicを使用することでARM命令を数多くサポートするようになったことによりパフォーマンスが改善され、更に一部ゲームでは60FPSで高速動作するようになったことなど、開発者視点での報告になっています。

●GitHubで、rajkosto氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekateiplのMOD版hekate_ipl (rajkosto mod) FS KIP1 patchingをリリースしていました。バージョン表記を変えたようで、本来ならこのバージョンはv3.3かv4になると思われますが、署名チェック回避の設定により非署名NCAファイルのサポートに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、TeamShinkansenのdaPhie79氏がNES/SNES Classic MiniでPCとUSB経由でゲームの追加などを行うことができるユーティリティhakchi2 CE v1.2.6rc2をリリースしていました。

●GitHubで、joel16氏がVitaでVSH Menuを表示するtaiHENプラグインPSV-VSH-Menu v3.4をリリースしていました。アドバンスドメニューへ、一部ゲームでスリープ後などにクロック周波数がデフォルトに戻ってしまっていないかを定期的にチェックする機能の追加などが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームがWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows/macOS/Linux向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.0.4/v1.0.0-BugFix2をリリースしていました。アップデートはWindows版のみで、オンラインアナウンスメントサーバーをの追加によりRiiConnect24サービス自体で開発状況のチェックが可能になったことなどが変更点です。

●GitHubで、FIX94氏が開発したオリジナルのWindows向けファミコンエミュレータfixNES Alpha v1.2.3をリリースしていました。マッパーサポートの強化などが変更点です。

●Gamesindustryで、1980年代に一世を風靡したPCであるCommodore 64(コモドール64)を1/2サイズにしたC64 miniが今年の10月9日に北米で発売されることを伝えていました。2つのUSBポートを搭載しUSBコントローラーやキーボードを繋ぐことができます。64種類のコモドール64用ゲームが内蔵されセーブデータも保存できるというミニゲーム機としての発売で、PCとしての機能を持っているのかは分かりません。発表は昨年9月でした。
公式サイトはhttps://thec64.com/です。欧州ではすでに発売されているようですね。日本には販売店がないようですので国内発売はされない可能性が濃厚です。
C64-mini


GameGaz Daily 2018.7.22

●GitHubで、noahc3氏がh-encoreをVitaで起動するまでのプロセスを自動化することができるWindows向けユーティリティauto h-encore v0.4.4をリリースしていました。ハンガリー語に対応したことが変更点です。

●GitHubで、FIX94氏が開発したオリジナルのWindows向けファミコンエミュレータfixNES Alpha v1.2.2をリリースしていました。パフォーマンスの改良などが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームがWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows向けバッチファイルRiiConnect24-Patcher v1.0.3(macOS/Linux版はv1.0.0-BugFix2)をリリースしていました。新モード追加(Windows版)や/dev/nullへの出力が問題を引き起こしていた不具合の修正などが変更点です。

●SP193氏がPS2のメモリーカードにインストールしてPS2で起動させることでHomebrewやバッグアップの起動が可能になるユーティリティFree Memory Card Boot(FMCB) v1.964をリリースしていました。HDDがフォーマットされていない場合のHDDフォーマット項目の追加などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.7.18

●GitHubで、qwikrazor87氏がPSP/ePSPでPS1のDOCUMENT.DAT(解説書ファイル)をダンプすることができるユーティリティPS1 Undoc v1.0をリリースしていました。

●GitHubで、nowrep氏がPS Vitaの画面右上にあるステータスバーにバッテリー残量をパーセンテージで表示することができるtaiHENプラグインvita-shellbat r9をリリースしていました。3.67サポートが変更点です。

●PSXHAXで、GarnetSunset氏がPlaystation Storeのダウンロードコンテンツをインデックスしてリストを作成することができるPythonスクリプトpsDLCIndexをリリースしたことを伝えていました、

●GitHubで、joel16氏がVitaでVSH Menuを表示するtaiHENプラグインPSV VSH Menu – v3.1PSV-VSH-Menu v3.2をリリースしていました。特定のゲームでVSH Menuが開けなかった不具合の修正(v3.1)やL1 + R1 + Selectのボタンコンボを追加したこと(v3.2)などが変更点です。なおv3.1はURLがv3.01になっているのでバージョン表記はどちらかが間違っているようですが、もはや旧バージョンなのでスルーで良いかと。

●GitHubで、Robz8氏がSRLoaderを一新しニンテンドーDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューとしたDSiMenu++ v5.2.0をリリースしていました。オリジナルDSi Menuのようなフォントを使用(ただしエッジはスムースではない)したことなどが変更点です。

●GitHubで、FIX94氏が開発したオリジナルのWindows向けファミコンエミュレータfixNES Alpha v1.2.1をリリースしていました。オーディオ再生で常に最初のトラックから再生していたものを、nsfファイルの開始トラック設定を使うようにしたことが変更点です。

●GitHubで、Maschell氏がBluetoothのマウスやキーボードの入力機器向けHIDプロファイル機器(DualShock 4やDualShock3など)をニンテンドーWii Uで使用できるようにするユーティリティHIDtoVPADのnightly build版HIDtoVPAD-WUPS-v0.1-nightly-0d38817をリリースしていました。


GameGaz Daily 2018.7.17

●GitHubで、FIX94氏が開発したオリジナルのWindows向けファミコンエミュレータfixNES Alpha v1.2をリリースしていました。メモリー読み書きに関する改良などが変更点です。

●GitHubで、Blastrock氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkgやダウンロードコンテンツ、PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティpkgj v0.30をリリースしていました。リジュームに失敗した後データを消去しようとした時に一時ファイルも削除するようにしたことなどが変更点です。

●日経新聞で、コロプラが主力スマートフォンゲーム『白猫プロジェクト』をNintendo Switch向けに発売すると発表したことを伝えていました。『白猫プロジェクト』を巡っては、操作などに関わる特許技術が侵害されたとして任天堂はコロプラを提訴し提供差し止めや損害賠償を求めていますが、その最中での発表で開発するコロプラも、それを認めた任天堂も大人の対応、なのでしょうか。


GameGaz Daily 2018.6.8

●Switchエミュレータyuzu公式ツイッターアカウントによると、最新のyuzu nightll builfdでは『スプラトゥーン2』が動いているようです。

●ツイッターで、AluProductions氏がPS4の4.05でHomebrewを起動できるようにするFake PKG Generator 3.12 hotfixをリリースしていました。Fake SELF Patchの修正などが変更点です。

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.04をリリースしていました。8ビットイメージ変換の無効化に対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、Al-Azif氏がPS4 exploitを自分の環境で用意するためのps4-exploit-host v0.4.3をリリースしていました。5.05 exploit/ペイロードを含むようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、FIX94氏が開発したオリジナルのファミコンエミュレータfixNES Alpha v1.1をリリースしていました。より効率的に動作するようコードを改良したことなどが変更点です。

●GitHubで、rajkosto氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekateiplのMODhekate_ipl (rajkosto mod) v11をリリースしていました。

●GitHubで、ONEluaチームがPS VitaのeCFW向けオリジナルメニューONEMenuをVitaのLiveareaの代わりとして利用できるようVitaへ移植したONEMenu for PSVita v3.02をリリースしていました。ゲームのインストール/アンインストールに合わせux0:data/ONEMENU/savesからセーブデータをバックアップ/リストアを行うことができるようにしたことなどが変更点です。

●ツイッターで、Xbox 公式アカウントが今年のE3 2018の開催に合わせ、Xbox E3ブリーフィングを日本時間6月11日午前5時からMixerのXbox公式チャンネルなどでライブストリーミング中継すると発表していました。


GameGaz Daily 2018.5.31

●PSX-Placeで、valentinbreiz氏がPS4の4.55 /5.01 /5.05向けのLinuxローダーペイロードPS4 Linux Loaderをリリースしたことを伝えていました。PS4 Proにも対応しています。ブラウザでhttp://darbness.com/ps4/へアクセスしてペイロードをPS4にロードするか、同じくvalentinbreiz氏のPS4 Payload Sender for Androidを使うことも可能です。

●GitHubで、stooged氏がPS4 5.0x exploitとペイロードをホストするAndroid向けアプリケーションPS4_Serve3 v1.1をリリースしていました。

●PSXHAXで、 RetroGamer74氏が5.05のPS4向けにブラウザでアクセスするだけでハックできるウェブサイトPS4ADMINを公開していました。プライマリとセカンダリDNSは139.99.172.148に設定しておきます。5.05 FirmwareV5 ESP8266 Chipと組み合わせて使うそうです。

●ツイッターで、Switchエミュレータyuzu公式アカウントが『1-2-Switch 』に続き『ソニックマニア』のプレイがyuzuでできるようになったと発表していました。

●GitHubで、FIX94氏が開発したオリジナルのファミコンエミュレータfixNES Alpha v1.0.7をリリースしていました。メインループの実行回数を減らしてCPU負担を軽減したことなどが変更点です。