DSi Firmware 1.4.2

You are currently browsing articles tagged DSi Firmware 1.4.2.

ゲーム最新情報 2011年5月14日のニュース




●PS3NEWSで、Dean氏がゲームやAVCHDのファイル マネージャー機能を持ちFTP機能やAVCHD、ブルーレイ再生機能をも統合したマルチ管理ツールMultiMAN 02.00.01をリリースしていました。XMMBの改良などが行われたようです。

●PS3NEWSで、Rogero氏が日本のPS3で(どうも海外の人達には非常に使いにくいくいと思われている)コントローラーの◯と×の役割を簡単に入れ替えることができるユーティリティRogero PS3 Buttons Layout Changer v1.0をリリースしていました。対応しているファームウェアは3.41と3.55のみのようですが、要望があれば他のファームウェアバージョンにも対応するとしています。Rogero氏は日本のPS3を使っているようで、自分用に作っていたものを公開したようです。海外ではあったら便利ツールなのだとおもいます。日本人が日本で使う場合はあまり必要なものではなあかなと感じます。

●PS3NEWSで、Mathieulh氏がPS3の市販品/デバッグ機のファームウェアに存在したQAフラグと呼ばれるフラグを操作することでファームウェアの制限を解除し隠しオプションを出すことに成功したとしてその動作ビデオを投稿したことを伝えていました。フラグにはMinimumとAdvancedの2種類存在し複雑なボタンコンボ入力で有効化するようですが、方法は公開しないそうです。
更にMathieulh氏によるとAdvancedフラグの方はダウングレードも可能なようです。
httpv://www.youtube.com/watch?v=TzQLseA_ynU
httpv://www.youtube.com/watch?v=G-kqkRYPAak

●Developで、ソニーの新たなサーバーハッキング対策があきらかになったことを伝えていました。内容は

    ・自動ソフトウェアモニタリングによる新たなサーバー攻撃からの防御管理体制
    ・より強固なデータ保護と暗号化やより一層の脆弱性のテスト環境
    ・ファイヤーウォール追加
    ・セキュリティを強化したデータセンター移設を伴う新システム

など、現時点で考え得る最高のセキュリティ措置を施すとしています。

●/talkフォーラムで、Punker69氏がPSPのflash 0/1/2/3 、NandUMDのeboot.binやメモリーをダンブすることができるユーティリティPSP Flash Dump v3をリリースしていました。ダンブしたデータはメモリースティックに保存してくれるそうです。

●ファミ通.comで、コーエーテクモホールディングスの代表取締役社長の襟川陽一氏が2011年3月期決算説明会の中でソーシャルゲーム強化と3DS、NGPタイトルを積極的に開発すると語るとともにWiiの後継機’Project Cafe’ の発売時タイトルについて「コーエーテクモゲームスは“ロンチタイトルを発売するメーカー”として認識されている」と述べ、「何らかの形でロンチタイトルを出したい」と意欲を語ったことを伝えていました。

●GBAtempで、R4iDSN/R4iGold teamが任天堂がリリースしたFlashcart対策を施したDSi/DSi LL ファームウェア 1.4.2回避用R4iDSN/R4iGold新ファームウェアを利用した場合にbrickしたユーザー向けに、別のFlashcartとDS/DSLiteを使ってアップデートした後にR4iDSN/R4iGoldへスワップすることでflashを書き換えbrick状態から復帰させる方法を公開すると発表したことを伝えていました。あまりピンと来ませんが、そのためか後日ビデオチュートリアルも公開するとしています。
またYellow.Wood.Goblin氏の協力の元、古いタイプのFlashcart(オリジナルのR4とか?)のアップデートも開発中だそうです。

●iSmart MM Teamが、ニンテンドーDS/DSi用Flashcart iSmart MMでDSiファームウェア1.4.2をサポートするためのアップデートiSmart MM fix for DSi Firmware 1.4.2 May 13th, 2011をリリースしたことを伝えていました。

●GBATempで、マルチメディア再生機能も持つニンテンドーDS/DSi用FlashcartiPlayer DSi firmware 1.4.2をリリースしたことを伝えていました。

Tags: , , , , , , , , , , ,

●PSPSlimHacksで、Kuci氏がPSPのカーネルメモリを”kmen.bin”、ブートメモリを”boot.bin”というバイナリファイルでメモリースティックにダンプすることができる開発者向けユーティリティKernel Memory Dumperをリリースしたことを伝えていました。

●/talkフォーラムで、legendmythe氏がPSPのリカバリーマネージャー(リカバリーメニュー)でオリジナルより高機能で高速処理が可能なPSP Bios v0.7cをリリースしていました。ISOドライバー変更も半分程度の時間で実行できるそうです。5.50GEN-D3での動作が開発環境だったようですが、非対策基板でCFWであれば動作するだろうとしています。ブルーを基調としているところがM33やGENとは別物であるというオリジナルさを主張しているような印象を受けます。

●IndustryGamersで、PSNがいまだに再稼働しないことについて、『PIxelJunk』シリーズなどPSNでのゲーム販売が収益の柱になっているQ-Gamesの社長Dylan Cuthbert氏がソニーは今対策をしているはずで、ここ1〜2週間のうちに何らかの具体策を発表するだろうとの見通しを示したことを伝えていました。ただし、Q-Gamesを始めPSNをユーザーが利用できないことで自社製品販売経路を断たれることになる開発者にとっては死活問題であるため、Dylan Cuthbert氏は開発者が離れていくことを防ぐためソニーは何らかの支援策を考えているはずだと語っていました。ソニーにその声が届かないとPSN破綻->ダウンロード販売衰退の道をたどり、NGPもPSP goと同じ行く末を目指し歩み始めることになります。

●MCVで、AnonymousのサイトAnonOps.net(現在は繋がらない)が攻撃を受け、Anonymousのメンバー500人の個人情報がサイトに掲載されていると伝えていました。また、あるセキュリティの専門家によると、AnonymousメンバーのチャットログやIPアドレスがFBIに提供されたそうです。

●Courthouse News Serviceで、元米軍のF-18戦闘機パイロットJohn Ryan McLaughlin氏が『The Elder Scrolls IV:オブリビオン』プレイ中にゲーム画面のフラッシュで発作を起こしたことに起因してパイロットの資格を失ったとしてSCEなどを相手取り損害賠償などを求める訴えを起こしたことを伝えていました。以前日本でもあったアニメ『ポケットモンスター』アニメで子供がてんかんを起こした例と同様のようですが、さすが訴訟王国アメリカというかなんというか…

●任天堂が5月末に予定していたニンテンドーeショップやインターネットブラウザなどが利用できるようになる3DS本体の更新を6月7日に行うと発表していました。

●GBAtempで、DSi Firmware 1.4.2がリリースされたことを伝えていました。Acekard 2i、EZ-Flash Vi、Supercard DSTwoなど各種Flashcartが起動しないように対策されたそうですが、CycloDS iEvolutionは最新ファームウェアで動作、R4iDSN teamが対策回避ファームを一番乗りで公開など既に回避されてしまっているようです。なお、セーブデータexploitを利用したSudokuHaxは全く対策されておらず動作したようです。

●Nintendo Universeで、まだサービスが始まっていないNintendo 3DS eShopで使うプリペイドカードがアメリカカリフォルニアのBest Buyで見つかったことを伝えていました。プリペイドカードなら個人情報をネット上に流さなくてもいいので安心ですね。

●Lan.stフォーラムで、Yoti氏が起動させるだけでPSPの基板確認ができるユーティリティPSPident 0.74.1をリリースしていました。英語の綴りが間違っていたのを修正しただけのようです。

Tags: , , , , , , , ,