DML Toolkit

You are currently browsing articles tagged DML Toolkit.

ゲーム最新情報 2013年7月16日のニュース




●Google Codeで、gave92氏がニンテンドーWiiのオープンソースウェブブラウザWiiBrowser R112をリリースしていました。先月末よりhttp://wiibrowser.altervista.org/mainsite/index.htmlに公式サイトがオープンしていました。

●Wii-Homebrewで、Yoshi9288氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動するDML (Dios Mios Lite)をインストールするためのユーティリティDML Toolkit v1.8.6をリリースしたことを伝えていました。Quadforce 4.1がインストールできるようになったことなどが変更点です。

●PSX-Sceneで、Showtimeのプラグインを各種開発していたfacanferff氏が「新たな世界で新たな取り組みを始める」として、Showtimeのプラグイン開発から手を引くことを発表したと伝えていました。facanferff氏は代わりにプラグインのソースコードを公開しています。

●PSX-Sceneで、baxalo氏がPS3の温度に応じてファンの速度を管理してくれるEstwald氏の開発したユーティリティControl Fan UtilityをアップデートしたControl Fan Utility v1.9.1をリリースしたことを伝えていました。安定性を向上させた4.46 CFW専用です。

●Engadgetで、PS4の開発キットのプロトタイプがDUH-D1000AAという形式でFCCに登録されていたことを伝えていました。Bluetoothと802.11 b/g/n Wi-Fi対応などが書かれていた他、開発キットの外観図(拡張ポートも搭載している模様)や2.75GHzが最大クロック周波数であることも書かれていたようです。

●PSX-Sceneで、uf6667氏がProgSkeetの書き込み機能などを持つユーティリティWinskeetWinskeet40000とBitstream Progskeet 1.2をリリースしたことを伝えていました。スピードインジケータを追加したことなどか変更点です。

●GamesIndustryで、Xbox Oneのアプリを開発している匿名の開発者がKinectの製造コストはXbox One本体の製造コストとほぼ同じくらいだと伝えていました。Kinectは相当高コストのようです。

Tags: , , , , , , ,

●PPSSPP公式サイトで、Henrik Rydgar氏がオープンソースのAndroid/Windows向けPSPエミュレータPPSSPP 0.7.5をリリースしていました。バージョンが0.05しか上がっていませんが、これは将来の0.8や0.9、そして1.0に向けて数字を温存しただけで、『God of War』が最新のPCで問題なくプレイできるようになったり、『モンスターハンターポータブル 2nd G』が(音は鳴らないものの)高速なAndroid等のデバイスならプレイ可能になったりと0.75でも大幅に改良がされています。

●aldostools氏がPS3の各種ツールを集めたPS3 Tools Collection 2.3.3をリリースしていました。以下のユーティリティが更新されています。

    ・セーブデータのキーを見つけてセーブデータ改造後に再署名できるPS3 Bruteforce Save Data 3.8
    ・szczuru氏が開発したPSPのバックアップISOファイルをPS3で起動できるよう変換するためのPSP2PS3をベースに改良を施し機能を追加したPSP2PS3 1.7.3e “mod”

●Wii-Homebrewで、Yoshi9288氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動するDML (Dios Mios Lite)をインストールするためのユーティリティDML Toolkit 1.8.2をリリースしたことを伝えていました。バグ修正などが変更点です。

●Google Codeで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrew Channelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティpostLoader 4.2.2をリリースしていました。ゲームブラウザでのWiiとゲームキューブのゲーム名に関する不具合の修正などが変更点です。

●PS3NEWSで、ccregame氏がPS3でダウンロードしたコンテンツを再アクティベートして使えるようにすることができるRebug 4.21/4.30向けオフラインPSNライセンスジェネレーターReActPSN v2.25をリリースしたことを伝えていました。PS3 EDAT 4.0サポートによりCFW 4.xxでのクラックモードをサポートしたこたなどが変更点です。

●PS3NEWSで、SvenGDK氏がPS3とPSPのGUIであるXMBをWindowsPC上でエミュレートしPS3のコントローラーで操作することができるXMBエミュレーターXMBPCE v0.8 RCをリリースしたことを伝えていました。セットアップ画面の変更ややPS2エミュレータPS2Loader統合などが行われたようです。

Tags: , , , , , , ,

●米公式PlayStation Blogで、グランツーリスモ5の新ダウンロードコンテンツとしてツインリンクもてぎパック(5ドル)とサイオンFR-S(日本名ハチロク) 2012年モデル(無料)を配信すると発表していました。アメリカではハチロクってどうなんでしょうね…

●米公式PlyStation Blogで、PlayStation Vita用のYouTubeアプリを今日リリースすると発表していました。

●Wii-Homebrewで、Yoshi9288氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動するDML (Dios Mios Lite)をインストールするためのユーティリティDML Toolkit v1.7をリリースしたことを伝えていました。GCReEx のサポートやDios Mios 2.0とDios-Mios Lite 1.5のダウンロードに対応したことなどが変更点です。

●Google Codeで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrewChannelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティpostLoader 4 beta26をリリースしていました。.confファイルが改変されてしまう不具合の修正や”WII menu”ボタンから”Exit..”に変更し、システムメニュー/Homebrew Channel/シャットダウンが選べるようになったことなどが変更点です。

●Team Xecuterが、次回リリース予定のXbox 360のカスタムカーネルXecuter Fusion v1.0.9のデモンストレーションムービーを公開していました。ユーザーセットアップの設定によっては起動時にブラックスクリーンになる不具合を修正したそうです。
httpv://www.youtube.com/watch?v=JuZA2hz16xM

●PS3Haxで、PsDev氏がPS3のファームウェアアップデータの展開やPKGファイルの復号をはじめ3.41/3.55向けのPKGファイルへの署名、SELFファイルのビルドといった様々なファイル操作を可能にしたWindows向けユーティリティPS3Tools GUI Edition v2.1をリリースしていました。市販のpkg復号と展開に対応したことなどが変更点です。秘密鍵であるPS3AesKeyを使ったようです。

●PSPKingで、Yot氏がオープンソースCFW PROを改良した6.XX PROMOD-C1 Fixをリリースしたことを伝えていました。現在最新版であるPRO-C fix3/4をベースにしており、VSH MENUの有効/無効化やバックアップゲーム起動のペアレンタルコントロール機能の有効/無効化といった機能追加などが行われています。

Tags: , , , , ,

●Wii-Homebrewで、Yoshi9288氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるためのオープンソースユーティリティDML (Dios Mios Lite)をインストールするためのユーティリティDML Toolkit v1.6.5をリリースしていました。メニューにUSBローダーのダウンロードメニュー追加したことなどが変更点です。

●VG247で、マイクロソフトの公式情報番組「インサイドXbox」についてアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでの提供を終了すると発表したことを伝えていました。後継番組を検討中だそうですが現時点では公表できることはないそうです。なお、日本とメキシコでは引き続き番組が提供されるそうです。

●360Crunchで、cOz氏がXbox360でHomebrewソフトウェアを直接起動させることができるユーティリティDashLaunch v3.00 Betaをリリースしたことを伝えていました。内容を一新した新世代のDash Launchだそうです。
httpv://www.youtube.com/watch?v=zAsJfz6giQQ

●Homebrew Connectionで、Swizzy氏がXbox 360の最新ダッシュボードをサポートしたfreeBOOTスタイルのNANDイメージを作成するためのGUIユーティリティxeBuild GUI 2.0.5.1をリリースしたことを伝えていました。nandpro動作中のエラー修正などが変更点です。なお、Homebrew Connectionが公式サイトになるそうです。

●カスタマイズWiiで、K-M氏がWiiのUSBローダーConfigurable USB Loader MOD版を日本語化したConfigurable USB Loader v70 MOD r31 日本語版をリリースしていました。

更新内容
*GCReExで展開したゲームに対応
*GC正規ディスクの起動に対応
*DML向け映像モードの設定を追加

●ロイターで、ドイツマンハイムの裁判所がマイクロソフトがモトローラの持つビデオ圧縮ソフトウェアに関する特許を侵害したことを認めXbox 360とWindows 7 OSのドイツ市場での販売停止を認めたと伝えていました。マイクロソフトは既にアメリカのシアトル地方裁判所での判決でドイツ裁判所の命令の仮差し止め申請が認められているため今すぐXbox 360などが販売できない状況ではないと説明しています。

●ツイッターで、neur0n氏がPSPのファームウェア6.39ベースでPSP-1000/2000(非対策基板)向けのカスタムファームウェア6.39ME-9.8と、PSP-1000/2000/3000/go(01g,02g,03g,04g,05g,07g 09gモデル)向けの再起動で公式ファームウェアに戻るカスタムファームウェア6.39LME-9.8をリリースしていました。

v9.8
– SpeedUpMsが有効になっている時にPSPをスリープさせるとまれにフリーズするバグを修正
ーー RecoveryMenuのテキストの色を変更するオプションを追加

Tags: , , , , , ,

●Wii-Homebrewで、Yoshi9288氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるためのオープンソースユーティリティDML (Dios Mios Lite)をインストールするためのユーティリティDML Toolkit v1.6をリリースしたことを伝えていました。.gciフォーマットをNMMフォーマットに変換する際のバグ修正などが変更点です。

●ファミ通.comで、SCEがPlayStation Certifiedに対応する携帯端末や、プレイステーション Vita向けのコンテンツを開発するためのプログラム PlayStation Suite SDKのオープンβ版が、配信開始から4日間で10万ダウンロードを超えたことを発表したことを伝えていました。

Tags: ,

●MCVで、ソニーがE3のプレスカンファレンスを6月4日の18:00am(PDT)に開催すると発表したことを伝えていました。

●exophaseで、マイクロソフトがE3のプレスカンファレンスを6月4日の10:00am(PDT)に開催すると発表したことを伝えていました。

●Wii-Homebrewで、Yoshi9288氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるためのオープンソースユーティリティDML (Dios Mios Lite)をインストールするためのユーティリティDML Toolkit v1.5をリリースしたことを伝えていました。Yet Another WadManager Mod(ドイツ語版)のダウンロードが可能になったことなどが変更点です。

●Nintendo Universeで、任天堂の宮本茂氏がスペインの新聞El Mundoのインタビューの中で今年のE3でWii U向けタイトルとしてマリオタイトルを公開すると発言したことを伝えていました。また、失敗すると思っていなかったWii Musicに再チャレンジしたい意向も示しています。
[追記]
CVGで、任天堂のスポークスマンがWii Uのマリオは昨年のE3で公開されたデモがベースになっていると説明したことを伝えていました。昨年のE3でのデモは3Dではなく2Dのごく普通の横スクロールゲームでなんの驚きもないことから、CVGでは任天堂が何か大きな秘密を隠しているのでなければガッカリだとコメントしています。

●PSPGENフォーラムで、Team LightDevがPSPのXMBでL+Rのボタンコンボで/PSP/GAME/LDBootVSHフォルダに入れたEBOOT.PBPを直接起動することができるようにするプラグインLDBootVSH 1.00をリリースしたことを伝えていました。

●Wii-Homebrewで、hamachi-mp氏がWiiのHomebrew Channelと同等の機能を持つオープンソースユーティリティーHomebrew Filter r38をリリースしたことを伝えていました。アプリ情報ダイアログの変更やバグ修正などが変更点です。

Tags: , , ,

●Developで、Alawar EntertainmentがPlayStation Vita向けのダウンロード無料、ゲーム内課金型の初タイトル『Treasures of Montezuma Blitz』を本日発売することを発表したと伝えていました。Vitaの新しい時代の始まりだとAlawar Entertainmentはコメントしています。

●ファミ通.comで、映像配信サービスHuluが月額料金を1480円から980円に値下げしたことを伝えていました。Wiiへの対応も合わせて発表されたため、PS3、Xbox 360、Wiiと据え置きゲーム機全てにHuluが対応することになります。

●Wii-Homebrewで、Yoshi9288氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるためのオープンソースユーティリティDML (Dios Mios Lite)をインストールするためのユーティリティDML Toolkit v1.4をリリースしたことを伝えていました。Dios-Mios Liteのリビジョン自動検出搭載に伴うメニュー変更などが行われたそうです。

●GoNintendoで、スクエア・エニックスが発売を予定している3DS向けタイトル『Heroes of Ruin』内で使用するボイスチャット用途で使える3DS用ヘッドセットを任天堂が開発していると伝えていました。任天堂が開発していることから他のタイトル(ゲームだけではないかも知れません)でもVoIPに対応するものが増えてくるのかも知れません。

●PS3NEWSで、Andreas Öman氏がPS3をホームシアターにすることができるユーティリティShowtimeの公式自動ビルドのテスト版としてShowtime Testing Build 3.5.122をリリースしたことを伝えていました。DVDのISOイメージとVIDEO_TSフォルダをきちんと再生できるようになったことが変更点です。

●カスタマイズWiiで、K-M氏がカバーフローライクなWiiのオープンソースUSBローダーを日本語化したWiiFlow Mod r185 日本語版をリリースしていました。

更新内容
*エミュからWiiflowへ戻るのをより高速&安全にした
*エミュのカバーキャッシュを追加(カバーフロー表示の高速化)
*エミュのini設定を追加
*NINTENDO 64、メガドライブ、ScummVMエミュに対応

Tags: , , ,

« Older entries