DIOS MIOS Booter

You are currently browsing articles tagged DIOS MIOS Booter.

ゲーム最新情報 2012年7月23日のニュース




●PS3NEWSで、PsDev氏がPS3のファームウェアアップデータの展開やPKGファイルの復号をはじめ3.41/3.55向けのPKGファイルへの署名、SELFファイルのビルドといった様々なファイル操作を可能にしたWindows向けユーティリティPS3Tools GUI Edition v3.1をリリースしたことを伝えていました。SPUエミュレーションの変更とSELF暗号化機能追加などが変更点です。

●PS3NEWSで、Naehrwert氏がPS3のRootkeyをダンプすることができるユーティリティPS3 Dump_Rootkey Codeをリリースしたことを伝えていました。

●PSX-sceneで、SubZero Dezigns(チーム?)がmake_package_npdrmを利用してPKGファイルを作成することができるWindows用ユーティリティMake Package NPDRM GUIをリリースしたことを伝えていました。

●wololo.netで、neur0n氏のVHBLでのHomebrew動作テスト結果を掲載していました。

●GBATempで、tueidj氏がニンテンドーWiiでゲームキューブのバックアップISOを読み込んで起動させることができる開発中のバックアップローダーDevolution r104をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●Google Codeで、FIX94氏がWiiのフロントのSDカードからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるDIOS MIOS LiteやUSBストレージデバイスから起動させるDIOS MIOSを利用してSDカードやUSBストレージのルートにあるGamesフォルダからバックアップゲームを起動させることができるローダーDios Mios Booter r30をリリースしていました。オートブート機能の修正やデバイスのルートにあるdm_booterフォルダに設定ファイルを移動したことなどが変更点です。

●Wii-Homebrewで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオキャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティ
Wiimms SZS Tools v1.01aをリリースしたことを伝えていました。wszst MINIMAPコマンドでミニマップ調整に対応したことなどが変更点です。

●Homebrew-Connectionsで、Swizzy氏がXbox 360のダンプしたNANDファイルが問題ないかどうかをチェックすることができるWindows用ユーティリティx360 NAND Dump Checker v1.0をリリースしたことを伝えていました。

●PS3Haxで、PsyOil氏がPS3の過去のファームウェアアップデータを簡単にダウンロードすることができるユーティリティPUP Download Archive GUIと、CEX/SEX/DEXファームウェアを簡単にダウンロードすることができるユーティリティPUP CEX/SEX Downloadable Archive GUIをリリースしていました。

●PS3NEWSで、pr0p0sitionJOE氏が24種類のPS3ダイナミックテーマをまとめたPS3 Dynamic Theme Pack 20 [Part 2]をリリースしていました。

●GBATempで、Devin氏がニンテンドー3DS/DSi/DS用のFlashcart Ace3DSの後継モデルとなるAce3DS Plusのレビューを掲載していました。Wood Firmwareをサポートし、ファミコンやネオジオなどのビルトインエミュレーターを搭載していることなどが特徴のようです。

●Google Codeで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrew Channelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティpostLoader 4 beta42をリリースしていました。channel browserのカバーの修正が変更点です。

●Wii-Infoで、dimok氏やgiantpune氏らがWaninkoko氏のWiiのUSB LoaderをベースにしたWiiのGUI版USBローダーUSB Loader GX v.3.0 rev1200をリリースしたことを伝えていました。表示不具合の修正や日本版タイトルをDIOS MIOSで起動した際のメモリーカードアクセスの不具合修正などが変更点です。

●Squirt360フォーラムで、Squirt360 TeamがXbox 360でFTDI SQUIRTER PROGRAMMERを利用しNANDの読み書きを行うユーティリティSQUIRTERのソースコードを公開したことを伝えていました。SQUIRT PROGRAMMERの基板レイアウトなどのデータシートも公開したそうです。

Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

●Wii-Homebrewで、FIX94氏がWiiのフロントのSDカードからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるDIOS MIOS LiteやUSBストレージデバイスから起動させるDIOS MIOSを利用してSDカードやUSBストレージのルートにあるGamesフォルダからバックアップゲームを起動させることができるローダーDios Mios Booter r29をリリースしたことを伝えていました。HDDの互換性を向上させたそうです。

●Google Codeで、Crediar氏がWiiでのUSB/SDカードからの起動をサポートしたゲームキューブのバックアップローダーDios Mios v2.2をリリースしていました。7月20日のニュースでもv2.2のリリースをお伝えしましたが、バージョンはそのままでアップデートされたようです。DVDLowReadのパターンを追加したことやDVDGetDriveStatusのパッチを可能にしたことなど関数に関する追加事項があったようです。

●Google Codeで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrew Channelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティpostLoader 4 beta41をリリースしていました。Dios Mios v2.2のサポート(逆に以前のバージョンは未サポート)などが変更点です。

●Wii-Infoで、dimok氏やgiantpune氏らがWaninkoko氏のWiiのUSB LoaderをベースにしたWiiのGUI版USBローダーUSB Loader GX v.3.0 rev1198をリリースしたことを伝えていました。DIOS MIOS v2.2のサポート追加などが変更点です。

Tags: , , ,

●SKFU氏がPS Vitaのpkgファイルを復号/展開するためのユーティリティPS VITA .pkg xTractor 1.01をリリースしていました。今回は再リリース(ダウンロードできなくなっていたためだと思われます)ですが、暗号化ライブラリのアップデートなどが行われたようです。現時点ではWindows向けのみですが、MacやLinux向けもリリース予定だそうです。

●Wii-infoで、grhum909氏がWiiのUSB Loader GXのテーマを作成することができるユーティリティTHEME CREATOR – USBloaderGX 1.02をリリースしたことを伝えていました。画像の入れ替えやバグ修正などが変更点です。

●Wii-infoで、FIX94氏がWiiのフロントのSDカードからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるDIOS MIOS LiteやUSBストレージデバイスから起動させるDIOS MIOSを利用してSDカードやUSBストレージのルートにあるGamesフォルダからバックアップゲームを起動させることができるローダーDios Mios Booter r28をリリースしたことを伝えていました。DIOS MIOS 2.1との互換性向上、強制的に画面を16:9にする”widescreen”機能追加などが変更点です。

●Google Codeで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrew Channelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティpostLoader 4 beta38をリリースしていました。neek2oではできないHBCのStubのダンプをするかどうかを尋ねるようにしたことなどが変更点です。

●Homebrew-Connectionで、Team FSDがXbox 360 HomebrewのためのダッシュボードFreeStyle Dash v2.2 Final rev 1072をリリースしたことを伝えていました。マルチディスクプラグインのアップデートなどが変更点です。

●PSX-sceneで、PsDev氏がPS3のファームウェアアップデータの展開やPKGファイルの復号をはじめ3.41/3.55向けのPKGファイルへの署名、SELFファイルのビルドといった様々なファイル操作を可能にしたWindows向けユーティリティPS3Tools GUI Edition v3.0をリリースしたことを伝えていました。KDSBest氏のSPUエミュレーション機能追加やDebug PKG復号機能追加などが変更点です。

Tags: , , , , ,

●PS3Newsで、nathanr3269氏がCFWをインストールしたPS3でPSN/SENへのアクセスの有効/無効化を決めることができるユーティリティSEN Enabler & Disabler [4.20]とバージョン偽装するためのユーティリティPS3 Spoofer Tools v5.5をリリースしていました。SEN Enabler & DisablerはCFWごとにpkgが用意されているので間違って他のCFW用の物を使わないよう注意が必要です。

●Google Codeで、Crediar氏がWiiでのUSB/SDカードからの起動をサポートしたゲームキューブのバックアップローダーDIOS MIOS v2.0 Update 4をリリースしていました。

●PSX-sceneで、PsDev氏がPS3のファームウェアアップデータの展開やPKGファイルの復号をはじめ3.41/3.55向けのPKGファイルへの署名、SELFファイルのビルドといった様々なファイル操作を可能にしたWindows向けユーティリティPS3Tools GUI Edition v2.5をリリースしたことを伝えていました。GUIの変更やRCOダンパー、SFOリーダー追加などが変更点です。

●PSX-sceneで、Nightbird氏がCFW 3.55 KmeawとCFW 3.55.2 Rebugでファームウェアを4.20へ偽装することでPSN接続を有効/無効化することができるユーティリティPSN Spoof Enabler [4.20] [KMEAW]/PSN Spoof Disabler [3.55] [KMEAW]/Rebug PSN Enabler + Spoof 4.20 Update Package 0.7r2をリリースしたことを伝えていました。

●PSX-sceneで、PS3break teamがTrue Blueのコードをクラックに成功しTrue BlueクローンUSBドングルPS3break2で3.60+の最新ゲーム起動を可能にするドングルファームウェアPB2 v1.02をリリースしたことを伝えていました。同じTrue BlueクローンのJB-Kingも同じファームウェアで3.60+の最新ゲーム起動が可能になったという報告も上がっているようです。

●WiiMC公式サイトで、Tantric氏がニンテンドーWiiのメディアプレーヤーユーティリティWiiMC 1.3.0をリリースしていました。互換性の問題を修正するために再コンパイルしたことなどが変更点です。

●Wii-infoで、FIX94氏がWiiのフロントのSDカードからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるDIOS MIOS LiteやUSBストレージデバイスから起動させるDIOS MIOSを利用してSDカードやUSBストレージのルートにあるGamesフォルダからバックアップゲームを起動させることができるローダーDios Mios Booter r27をリリースしたことを伝えていました。リスト並び替えにアルファベット順を追加したことなどが変更点です。

Tags: , , , , , , ,

●PSX-sceneで、deroad氏がPS3のHomebrew作成時に利用できる開発者向け2DグラフィックライブラリNoRSX 0.1.1をリリースしたことを伝えていました。TTFのサポートで任意のフォント読み込みに対応したそうです。また、PS3がなくても開発ができるように来月NoRSXをPC上でエミュレートするNoRSX PC Emulatorをリリースすることも予告されています。

●PS3Crunchで、USBドングルCobra-USB向けのPS3バックアップマネージャmmCM(multiMAN Cobra Manager) v04.04.02がリリースされたことを伝えていました。ファームウェアバージョンを4.20に偽装するオプション追加やSELECT+Xボタン長押しで「全て選択」などのキーコンボ入力機能追加などが変更点です。

●Tortuga Coveで、Rogero氏がPS3の3.55ファームウェアをベースにMFW builderを使用して作成したカスタムファームウェアRogero CFW v3.2をリリースしていました。不用意なアップデートを回避するためのファームウェアバージョン4.20偽装機能追加などが変更点です。

●PS3Haxで、TizzyT氏がPS3の起動ロゴを簡単に作成することができるWindows用ユーティリティEasy Static RAF Converterをリリースしていました。

●ファミ通.comで、今日発売のファミ通の紙面が掲載されており、その中でニンテンドー3DSから3DS LLへのデータの引っ越しは可能で、年内に3DS LL専用拡張スライドパッドが発売されることが明らかになっています。

●Wii-infoで、FIX94氏がWiiのフロントのSDカードからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるDIOS MIOS LiteやUSBストレージデバイスから起動させるDIOS MIOSを利用してSDカードやUSBストレージのルートにあるGamesフォルダからバックアップゲームを起動させることができるローダーDIOS MIOS Booter r 26をリリースしたことを伝えていました。コードの書き直しなどが変更点です。

●Team Xecuterが、RGH済みXbox 360で動作するdevkitカーネルベースのカスタムカーネルXecuter Fusion v1.0.9をリリースしていました。バグ修正と、ベータテスターから寄せられた問題点などを解決したバージョンとなっています。

●Google Codeで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrewChannelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティpostLoader 4 beta27をリリースしていました。SDカードがなくてもDMが動作するよう変更したことや”Restart postLoader”をExit menuに追加、バーチャルキーボード追加などが変更点です。

●JailbreakSceneで、ARCH氏がPKGを起動して質問にYES/NOで答えるだけで簡単にPSN/SENへ接続する/しないが設定できるユーティリティPS3 PSN / SEN Enabler and Disablerをリリースしたことを伝えていました。CobraやREBUG、True BlueなどCFWごとにpkgが用意されています。また、合わせて過去の接続履歴やキャッシュをクリアするPS3 Clear History PSN Stealth Version Modもリリースされています。

●カスタマイズWiiで、K-M氏がWiiのUSBローダーConfigurable USB Loader MOD版を日本語化したConfigurable USB Loader v70 MOD r36 日本語版をリリースしていました。

更新内容
*操作していなくてもポインタが動いてしまう問題を修正

●GBATempで、actar氏がWii伝言板exploitをMACアドレスなどを入力するだけでWindowsで簡単に作成できるようにしたユーティリティWilbrand Launcher 2.0をリリースしていました。ヘルプボタンの追加などが変更点です。

●カスタマイズWiiで、K-M氏がWiiのUSB LoaderをベースにしたGUI版ローダーUSB Loader GX r1193 日本語版をリリースしていました。

更新内容
*DML、DIOS MIOS、Quadforceの自動検出・表示を追加
提供・協力メニューにどれがインストールされているか表示されます。
公式MIOSの場合は表示されません。

Tags: , , , , , , , , , , , ,

●PS3 Media Serverフォーラムで、chocolateboy氏がWindowsとLinux、MacOSXで利用できるPS3のメディアサーバーアブリケーションPS3 Media Server 1.54.0をリリースしていました。オーディオとラックのLPCMトランスコーディングオプション追加や7.1chまでのDTS HD-MAサポート追加などが変更点です。

●Wii-infoで、FIX94氏がWiiのフロントのSDカードからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるDIOS MIOS LiteやUSBストレージデバイスから起動させるDIOS MIOSを利用してSDカードやUSBストレージのルートにあるGamesフォルダからバックアップゲームを起動させることができるローダーDIOS MIOS Booter r24をリリースしたことを伝えていました。SDカードがない時にUSBデバイスの設定を利用できる機能をサポートしたことやiniファイルをdios-mios-booter.iniというファイル名にしてデバイスのルートに配置するようにしたことが変更点です。

Tags: ,

●PSX-sceneで、Aldostools氏がPS3の各種ツールを更新したことを伝えていました。更新されたのはPS3のPARAM.SFOファイルの編集やPARAM.SFXをPARAM.SFOに相互変換できるPARAM.SFO editor 2.4.0と、PSNにログインしなくてもPS3のゲームアップデートを入手することができるユーティリティPS3 Game Updates 1.0.4、PS3のFTPクライアントアプリケーションPS3 FTP Client 2.8です。

●Wii-Homebrewで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオキャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v0.41aをリリースしたことを伝えていました。バグ修正などが変更点です。

●Wii-infoで、FIX94氏がWiiのフロントのSDカードからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるDIOS MIOS LiteやUSBストレージデバイスから起動させるDIOS MIOSを利用してSDカードやUSBストレージのルートにあるGamesフォルダからバックアップゲームを起動させることができるローダーDIOS MIOS Booter r23をリリースしたことを伝えていました。DIOS-MIOS (Lite)のバージョン表示機能追加や新たにサブメニューへゲームのコピー/削除項目を移動したことなどが変更点です。

●Wii-infoで、oggzee氏がWaninkoko氏のSD/USB LoaderなどをベースにしたWiiのUSBローダーConfigurable USB Loaderを改良したMOD版Configurable USB Loader v70 mod r35をリリースしたことを伝えていました。DIOS MIOSのサポート追加や仮想NANDでのWiiゲームを無視するようにしたことなどが変更点です。
[追記]
カスタマイズWiiで、K-M氏がConfigurable USB Loader v70 MOD r35 日本語版をリリースしていました。

●Wii-infoで、Hibernatus氏らWiiflowチームがカバーフローライクなWiiのオープンソースUSBローダーWiiflow 3.0 Alpha (rev426/mod r506)をリリースしたことを伝えていました。DIOS MIOSのサポートなどが変更点です。

●Team Xecuterが、JTAG/RGH Xbox 360のNANDイメージを作成するXebuildの機能に加え、NAND読み書きなどもできるようにしたオールインワンユーティリティJ-Runner v0.2 Build 278をリリースしていました。DashLaunch 3.02やxebuild 1.03のサポート追加が変更点です。

●C4evaSpeaksで、最近リリースされたXbox 360のダッシュボートの15574カーネルでのLiveログを調査していたC4Eva氏がログを調査した結果15574カーネルは安全だったとコメントしていました。BANされる仕組みが新たに取り入れられた形跡はないようです。

●PSX-sceneで、PsDev氏がPS3のファームウェアアップデータの展開やPKGファイルの復号をはじめ3.41/3.55向けのPKGファイルへの署名、SELFファイルのビルドといった様々なファイル操作を可能にしたWindows向けユーティリティPS3Tools GUI Edition v2.0をリリースしていました。SnowyDew氏と協力し、PS3の著作権管理のための NPDRMに関わるEDATファイルを復号化/再暗号化することができるユーティリティEdat Encryption/Decryption tool(EDAT tools)を組み込んだそうです。

●Homebrew Connectionで、Swizzy氏がXbox 360の最新ダッシュボードをサポート したfreeBOOTスタイルのNANDイメージを作成するためのGUIユーティリティXeBuild GUI 2.071bをリリースしたことを伝えていました。xeBuild GUI 3.0を近くリリースする予定もあるそうです。

●Xbox 360 Magazineで、Wedbush SecuritiesのアナリストMichael Pachter氏がXbox 720はケーブルテレビのセットトップボックスとしての機能を持つモデルが存在し、ケーブルテレビと組んで2年契約で本体価格99ドルといったような長期契約付きで2014年に発売されるとの予測を語ったことを伝えていました。あれ、この前は2013年だと言っていた気がしますが…

●SCEJが、2012年6月28日(木)からPlayStation Vitaで楽しめる「ARプレイ」の展開を開始すると発表していました。「ARプレイ」とはPS Vitaのカメラ機能を使用し専用の「ARプレイカード」を読み取ることで、画面上にカメラ映像と仮想画像を重ね合わせる拡張現実(AR)タイトル群の総称です。ARプレイタイトル『TABLE PLAY SOCCER』『CLIFF DIVING』『Fireworks』をPlayStation Storeで2012年6月28日(木)から無料配信するそうです。

Tags: , , , , , , , , , , , ,

« Older entries