Bookr Mod Vita一覧

GameGaz Daily 2018.10.15

●Engadgetで、認識できない文字コードを含むメッセージをPS4で受け取るとPS4本体がbrickしてしまうという報告が多数寄せられていることを伝えていました。メッセージを受信してしまうそのメッセージを削除しても駄目で、セーフモードでデータベースを再構築するかファクトリーリセットしないと直らない模様です。

●PSXHAXで、McCaulay氏がPS4のHomebrewアプリケーションのデバッグのためのAPIサーバーPS4 Memory API Serverをリリースしたことを伝えていました。不具合修正が変更点です。

●GitHubで、TheRealCain532氏がPS4向けのオープンソースデバッガPS4 Debugger 1.0.0.8をリリースしていました。

●ツイッターで、Silica氏がYoYo Gamesのゲーム開発ツールGameMaker StudioのプロジェクトをVita向けにVPKファイルで出力することができるWindows向けユーティリティGayMakerをリリースしていました。

●GitHubで、pathway27氏がVita向けのドキュメントリーダーアプリケーションBookr Mod Vita v0.3.1をリリースしていました。画面回転時の不具合修正などが変更点です。

●Nintendo-Insiderで、N64 Classic Edition(要するにニンテンドー64ミニ)の写真が流出したことを伝えていました。ネット上では本物かFakeか物議を醸しているそうです。偽物でしょ、こんなの。


Nintendo64mini


GameGaz Daily 2018.9.16

●GitHubで、pathway27氏がVita向けのドキュメントリーダーアプリケーションBookr Mod Vita v0.3.0をリリースしていました。ズームと回転機能を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、Maschell氏がBluetoothのマウスやキーボードの入力機器向けHIDプロファイル機器(DualShock 4やDualShock3など)をニンテンドーWii Uで使用できるようにするユーティリティHIDtoVPADのnightly build版HIDtoVPAD-WUPS-v0.1-nightly-979b5d6をリリースしていました。

●GitHubで、fgsfds氏がFPSゲーム『Quake』を Switchに移植したNXQuake v0.2.0をリリースしていました。OpenGLレンダラーやアイコン追加が変更点です。

●IGN Japanで、Nintendo Switch Onlineの機能の一つである「セーブデータお預かり」サービスについて有料サービスを継続せず加入期間が終了してしまうとセーブデータは削除されてしまうと伝えていました。クラウドに保存されるのはバックアップですからやむを得ない仕様かと思います。ただしNintendo Switch本体に保存された『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』のセーブデータの方は自動的に消えることはなく、Nintendo Switch本体に保存されたセーブデータを消去しない限り、サービスに再加入すれば再び続きから利用できるようになります。ところが『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』自体Nintendo Switch Onlineに加入していない状態ではアクセスできないのでクラウドのセーブデータの有無は気にする必要ないでしょう。

●GitHubで、 WerWolv98氏がNintendo Switch向けのセーブデータダンパーEdiZon v1.5.0をリリースしていました。タイトルセレクト画面から1タイトルの全セーブデータまたは全ゲームのセーブデータを一度にバックアップできるようになったことや、内蔵エディタで編集するゲーム以外を非表示にする編集専用モード追加などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.2.24

制限を受けてデータベース接続エラーでこのサイトにアクセスしにくかった期間中に投稿できなかったちょっと古めのニュースも混じってます。ご了承ください。

●GitHubがTLSv1/1.1のサポートを2月22日で終了しました。そのためGitHubを使ってHomebrew自体でアップデート機能を持っていたものは利用できなくなるものが出てきています。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSで.ndsファイルを起動することができるローダーTWLoader v6.6.0をリリースしていました。nesDSを利用したNES(ファミコン)サポートなどが変更点です。

●GitHubで、Steveice10氏がニンテンドー3DS向けのオープンソースCIAインストーラFBI 2.5.0をリリースしていました。コア部分のコードの調整やビルトインアップデートの機能修正などが変更点です。

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのSDカードやNANDパーティションのファイル/フォルダコピーや削除、リネームなどを行うことができるファイルブラウザGodMode9 v1.6.0をリリースしていました。PCXビットマップビューアーの追加などが変更点です。

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v3.0.0Joy-Con Toolkit v3.0.1をリリースしていました。Windowsのカラーピッカーと決別してデザインを一新したこと(v3.0.0)やバグ修正(v3.0.1)などが変更点です。

●GitHubで、ClusterM氏がNES/SNES Classic Mini向けのマルチシステムエミュレーターRetroArch用モジュールretroarch-clover 1.1retroarch-clover 1.1bをリリースしていました。デモモードの修正(1.1)や最新のhakchi/hakchi2への対応などが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSi/3DSでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v3.2.2をリリースしていました。GBアイコンの色を修正したことなどが変更点です。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.7.1をリリースしていました。WindowsのDirect3D 11/12ドライバー実装などが変更点です。

なお、今回のリリースには含まれていませんが、次期バージョン1.7.2にはSwitchへの移植を検討しているようです。

●PlayStation.Blogで、SIEJAがPSN)の各機能をウェブブラウザで利用することができるウェブサービスMy PlayStationを公開したことを発表していました。フレンドの検索やフレンド依頼の送信、メッセージの送信がPCやスマホ、タブレットのブラウザから利用できるようになります。また、SENアカウントの管理もMy PlayStationに統合されるため、ブラウザ上から行うことができるようになります。

●IGN Japanで、東京ゲームショウ2018の開催概要が発表されたことを伝えていました。幕張メッセで2018年9月20日から23日まで開催され、eスポーツがメインテーマになりそうです。

●ツイッターで、plutoo氏がSwitch Homebrew LauncherでDNSサーバーを建てる時に利用するnx-hbexploit300をアップデートしたことを公表していました。システムの安定性が向上したそうです。

●GitHubで、pathway27氏がGekiHENコンテスト応募作品としてVita向けのドキュメントリーダーアプリケーションBookr Mod Vita v0.2.1をリリースしていました。ボタン選択が正しく保存されるようになったことなどが変更点です。

●GitHubで、TeamShinkansenがNES/SNES Classic MiniでPCとUSB経由でゲームの追加などを行うことができるユーティリティhakchi2 CE v1.1.0をリリースしていました。
hakchi2 CEはPCからNES/SNES Classic MiniへUSB経由でゲームの追加などを行うことができるClusterM氏のhakchi2改良版で、princess_daphie氏、DanTheMan827氏、skogaby氏の3人からなる、なぜか新幹線の名を持つTeamShinkansenが開発しているものです。UIの改良のみならず、hakchi2のコアを改良しUSBホストやSDカードのサポートなどを目標にしています。

●GitHubで、c0d3m4st4氏がRaspberry Pi(モデル問わず)を使い、exploitを発動するサーバーとして機能させたりファームウェアのアップデートをブロックしたりすることを想定したPiXploitHostをリリースしていました。現在はPS4のexploitのみ実装されていますが、ウェブブラウザでアクセスすることで発動するタイプのものはPS4に限らず利用できる可能性があります。

●GitHubで、BISOON氏がPS4に通知を送ることができるライブラリPS4Libをリリースしていました。

●PSXHAXで、Vultra氏がPS4 4.05で任意の情報を通知できるようにすることができるユーティリティPS4Notifyをリリースしたことを伝えていました。ソースコードはGitHubで公開されています。上記のPS4Libを利用しています。

●PS4 5.50 BETA3がテスター向けに配布されたようです。(サメットチャンさん情報ありがとね)


GameGaz Daily 2017.3.20

●GitHubで、Arkanite氏がGekiHENコンテスト公募作品としてVita向けのテキストエディタ(ソースコードエディタ用途)アプリケーションNotepad++ (VE) v0.31をリリースしていました。このバージョンからVitaPad++からNotepad++ (VE:VitaEdition)と名称を変更しました。VitaPadという名称は過去に存在したから変えたのでしょう。

●GitHubで、gnmmarechal氏がGekiHENコンテスト応募作品のアップデート版としてVita向けの星を避けながら進むアクションゲームStarfield Vita v0.2をリリースしていました。ハイスコア追加などが変更点です。

●PSX-Placeで、Joel16氏がGekiHENコンテスト応募作品として郵便番号と国名(例えば新宿区大久保の場合は”169-0072,jp”)と設定することで天気予報を表示してくれるユーティリティVITAforecast v1.00をリリースしたことを伝えていました。ソースコードはGitHubで公開されています。
VITAforecast

●PSX-Placeで、pathway27氏がGekiHENコンテスト応募作品としてVita向けのドキュメントリーダーアプリケーションBookr Mod Vita v0.0.1をリリースしたことを伝えていました。現在はテキストファイルのみ対応しています。ソースコードはGitHubで公開されています。
Bookr Mod Vita