Auto WiiWare Patcher

You are currently browsing articles tagged Auto WiiWare Patcher.

GameGaz Daily 2017.8.9




●GitHubで、rsn8887氏がVita向けのアーケードエミュレータPFBA(Portable Final Burn Alpha)のUIを改良するなどしたMOD版PFBA Vita_mod v1.14をリリースしていました。修正したはずのボーダーがちらつく不具合を再修正したことが変更点です。

●GitHubで、KunoichiZ氏がLuma3DSとSigHaxユーザー向けの3DS HomebrewとしてのLuma3DSアップデータLuma Updater v2.2をリリースしていました。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWiimmfi(ニンテンドーWi-Fiコネクションサービス終了後に同様のサービス継続を目的に作られたサービス)を利用できるようWiiWareをパッチすることができるユーティリティAuto WiiWare Patcher v2.1.2をリリースしていました。IOS PatcherライクなUIにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、moriczgergo氏がAmiiboのデータをバックアップ/リストアすることができるニンテンドー3DS向けユーティリティAmibac R1-v1.1.0をリリースしていました。

●GitHubで、moriczgergo氏がAmiiboに保存されているゲームデータを複製することができるユーティリティami² v2.0.0をリリースしていました。オープンソース化したことなどが変更点です。

●GBATempで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v1.5をリリースしていました。バッテリー表示を追加したことなどが変更点です。(Sushi Toroさん情報ありがとね)

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.6.4をリリースしていました。Amazonアプリストア版が近く公開されるようです。(KOHさん情報ありがとね)

●Desairem氏が、内蔵/外付けHDDに保存されているWiiとゲームキューブのバックアップゲームのリスト管理や、wbfs/ .iso/ .wdf/ .ciso/ .wiaといったファイルの相互変換やカバー画像ダウンロードなどを行うことなどができるMacOS X向けユーティリティWitgui 2.2.7をリリースしていました。macOS Sierraでの不具合修正などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GBATempで、EyeKey氏がWii Uを過去にハックしたことがありOTPやSEEPROMのバックアップファイルを持っているような場合、これらファイルを入れ替えることで5.5.2に過ってアップデートしてしまったWii Uを再びハック可能な状態に戻すことができるユーティリティHaxchi PC Installerをリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。これのベースとなるWFS USB Block Injectorはdimok氏がGBATempでリリースしています。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのSDカードやNANDパーティションのファイル/フォルダコピーや削除、リネームなどを行うことができるファイルブラウザGodMode9 v1.3.1をリリースしていました。FATイメージマウント機能の修正などが変更点です。

Tags: , , , , , , , , , ,

●GitHubで、MRGhidini氏がVitaのCMA(コンテンツ管理アシスタント)で使われるバックアップイメージファイルを復号、展開、再パック化することができるYifan Lu氏が開発したコマンドラインユーティリティpsvimgtoolsのGUI版Psvimgtools Easy FrontEnd 1.6をリリースしていました。テーマの自動追加機能などが変更点です。

●GitHubで、devingDev氏がコアゲーマーの間で人気のボイスチャットクライアントのVita版VitaCord 1.5をリリースしていました。UIの改良などが変更点です。

●GitHubで、ONEluaチームがHenkaku環境のVitaにeCFW ARK-2をインストールするためのユーティリティArkFast v2.30をリリースしていました。クローンをいくつ作りたいかを選べるようになったことなどが変更点です。

●GitHubで、SilicaAndPina氏がHENkaku環境のVitaでPKG Installerを有効にすることができるユーティリティPackage Installer Enabler v.0.4をリリースしていました。DevKit Package Installer追加などが変更点です。

●GitHubで、riendlyanon氏がPS3のHomebrewなどをカスタムファームウェア上で起動する形式からData Transfer UtilityやTrueAncestor Backup Retailerを使い公式ファームウェア上で起動できる形式に変換することができるユーティリティCFW2OFW Helper v7をリリースしていました。実行の際PS3_GAMEフォルダのドラッグ&ドロップに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、FIX94氏が開発したオリジナルのファミコンエミュレータfixNES Alpha v0.9.1をリリースしていました。音声出力を上げたそうです。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchのコアを多数追加していました。(poppoさん情報ありがとね)
・Sharp X68000コア: PX68k (Android/iOS/Windows/Linux/Mac)
・Nintendo DSコア/ Game Boy/Game Boy Colorコア/ ARM Linux: MelonDS/ SameBoy/ ARM Linux
・Nintendo 3DSコア: Citra (Windows/Linux)
・Sega Dreamcastコア: Redream (Windows/Linux)
・Tomb Raiderゲームエンジンコア: OpenLara (Windows/Linux)
・Gamecube/Wiiコア: Dolphin (Windows/Linux)

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.8.1b (2017-06-30)をリリースしていました。互換性やグラフィックの向上などが変更点です。

●GitHubで、dnasdw氏が3DSのROMを展開・生成することができるマルチプラットフォーム向けコマンドラインユーティリティ3dstool v1.0.26をリリースしていました。自動暗号化のサポートなどが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWiimmfi(ニンテンドーWi-Fiコネクションサービス終了後に同様のサービス継続を目的に作られたサービス)を利用できるようWiiWareをパッチすることができるユーティリティAuto WiiWare Patcher v2.0をリリースしていました。クラッシュする不具合の修正が変更点です。

Tags: , , , , , , , , ,

●GitHubで、riendlyanon氏がPS3のHomebrewなどをカスタムファームウェア上で起動する形式からData Transfer UtilityやTrueAncestor Backup Retailerを使い公式ファームウェア上で起動できる形式に変換することができるユーティリティCFW2OFW Helper v4をリリースしていました。不具合修正が変更点です。

●PSX-Placeで、Joel16氏がPS Vita向けのファイルマネージャーPSVShellをリリースしていました。現時点はまだ開発中バージョンとなっています。

●GitHubで、 joel16氏がPS Vitaで画面上にバッテリーの残容量をパーセンテージ表示することができるtaiHENプラグインVITABattery v1.4をリリースしていました。バッテリーのパーセンテージが3桁(100%)の時の表示がおかしい不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、erman1337氏がニンテンドー3DS向けのテーマ管理マネージャーThemely v1.2.1をリリースしていました。3DSXバージョンが動かなかった不具合の修正が変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.5.0をリリースしていました。Windowsバージョンを作り直したそうです。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWiimmfi(ニンテンドーWi-Fiコネクションサービス終了後に同様のサービス継続を目的に作られたサービス)を利用できるようWiiWareをパッチすることができるユーティリティAuto WiiWare Patcher v1.6をリリースしていました。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、Aurora Wright氏がニンテンドー3DS向けのカスタムファームウェアLuma3DS v7.0.5をリリースしていました。code.binバイナリとcode.ipsパッチをシステムモジュールやアプレットが読み込めるようにしたことなどが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、Maschell氏がBluetoothのマウスやキーボードの入力機器向けHIDプロファイル機器(DualShock 4やDualShock3など)をニンテンドーWii Uで使用できるようにするユーティリティHID to VPAD v0.9jをリリースしていました。設定ファイルに対応したことなどが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、44670氏が3DS専用のカスタムファームウェアNTR CFW 3.5と旧3DSでの拡張メモリをサポートした旧3DS向けカスタムファームウェアBootNTR 3.2をリリースしていました。11.4 サポートなどが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、Nanquitas氏がBootNTRでバージョンを選択できるようにした改良版BootNTR Selector v.2.8をリリースしていました。NTRを3.5にアップデートしたことなどが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GBATempで、SuperrSonic氏がニンテンドーWiiのメディアプレーヤーユーティリティWiiMCの非公式版WiiMC-SSをリリースしていました。ADXオーディオ対応やゲームキューブコントローラーサポートなどが特徴です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●WiiDatabaseで、crediar氏、fix94氏らがニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーNintendont v4.441をリリースしたことを伝えていました。マルチディスクでのディスクチェンジ時に仮想メモリーが破損していた不具合の修正などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●Destructoidで、任天堂が今年のE3プランを発表したことを伝えていました。現地時間の6月13日午前9時(日本時間6月14日午前1時)にプレゼンテーション「Nintendo Spotlight」(http://e3.nintendo.com/でのライブビューあり)を行うそうです。

Tags: , , , , , , , , , , , ,