AdrBubbleBooter一覧

GameGaz Daily 2018.7.3

●leecherman(LMAN)氏が、PSP/PS1バックアップゲームやHomebrewをVitaのLiveAreaのバブルから直接起動することができるプラグインAdrBubbleBooter(Adrenaline Bubble Booter)と同じ機能をセットアップを簡単にするためにVPKバージョンにしたAdrenaline Bubble Booter(AdrBubbleBooter) VPKEdition.v0.6をリリースしていました。バブル期同時に古いboot configファイルを新バージョン向けに変換できるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.05Adrenaline Bubble Manager v5.06をリリースしていました。Adrenaline v6.4とAdrenaline Bubble Booter v.06に対応したこと(v5.05)やリブートを繰り返す不具合の修正(v5.06)などが変更点です。

●GitHubで、ONEluaチームがPS VitaのeCFW向けオリジナルメニューONEMenuをVitaのLiveareaの代わりとして利用できるようVitaへ移植したONEMenu for PSVita v3.04をリリースしていました。Adrenaline Bubble Booter v.06とAdrenaline Bubbles Manager v5.05で作成したバブルを正常に検出するようにしたことが変更点です。

●GitHubで、MRGhidini氏がVitaのCMA(コンテンツ管理アシスタント)で使われるバックアップイメージファイルを復号、展開、再パック化することができるYifan Lu氏が開発したWindows向けコマンドラインユーティリティpsvimgtoolsのGUI版 Psvimgtools Easy FrontEnd 1.8.0をリリースしていました。別のVitaや別のアカウントの時にエラーになる不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がHENkaku環境のVita向け多機能シェルアプリの改良版VitaShell 1.94.01をリリースしていました。

●GitHubで、Blastrock氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkgやダウンロードコンテンツ、PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティpkgj v0.23をリリースしていました。サイズによるソートの不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、stooged氏がPS4 5.0x exploitとペイロードをホストするAndroid向けアプリケーションPS4_Serve3 v16をリリースしていました。

●GitHubで、getraid氏がSwitchハックに必要なファイルを事前にmicroSDカードに簡単にインストールすることによりSwitchハックの操作を簡易化するできるWindows向けユーティリティSHAIO – Switch Hacks All In One v1.0.0.5をリリースしていました。最近選んだペイロードを標準ペイロードとして保存する機能を追加したことなどが変更点です。

●任天堂が、平成30年6月28日に開かれた第78期 定時株主総会の質疑応答をウェブサイトに掲載していました。株価や収益の話が中心で、このブログ的に面白い内容は特にありませんでした。一人乗りの公道カートの観光ツアーを提供している株式会社マリカーに、マリオカートを略したとしか思えない「マリカー」商標を認められてしまった特許庁への異議申立ての質問なんかが出てきたみたいです。

●GitHubで、 hiroi01氏がニンテンドーゲームボーイアドバンスのゲームカードリッジをWii/GameCubeでダンプするためのユーティリティGBA Link Cable Dumper(by FIX94氏)でセーブデータリストアする際に同じサイズのセーブデータ(*.sav)でないとエラーになるのを強制的にリストアできるようにしたmod版GBA Link Cable Dumper mod v1.00をリリースしていました。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.10.1をリリースしていました。ROMをRAMに読み込めるようにして高速化したことなどが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL氏がWiimmfi(ニンテンドーWi-Fiコネクションサービス終了後に同様のサービス継続を目的に作られたサービス)を利用できるようWiiWareをパッチすることができるWindows/macOS/Linux向けユーティリティAuto WiiWare Patcher v2.1.8-BugFix1をリリースしていました。lzx実行ファイルを起動しようとする問題の修正(Mac/Linux)などが変更点です。Windows版の変更はありません。


GameGaz Daily 2017.9.15

●wololo.netで、Team OilixのNamelessGhoul0氏がかつて流出したePSP/PSPのexploitをアーカイブとしてリリースしたことを伝えていました。なんのことですかという方は、まずこの記事をご覧ください。当時は大騒ぎでした。
わけがわからないよ。未公開のkxploitやらexploitやらリーク そしてTN-VとPSOne Loader
Team Oilixは最近は名前を聞きませんがqwikrazor87氏やAcidSnake氏、SMOKE氏が所属していた開発チームで、NamelessGhoul0氏はSMOKE氏のテスターをしていた人物。今回公開したものは、Team Oilix内で情報のシェアに使っていたGoogle Driveのバックアップコピーだそうです。

●PlaystationHaxで、SphereSolid氏がPS Vita 3GをmicroSDに変換するアダプターPSVSD v2.1を製造・販売することを発表したことを伝えていました。先日PSVSDを開発したYifan Lu氏自身が手持ち在庫を抽選販売した以外販売情報はなかったと思います。3Gモデルに限られますからビジネスにはなりにくいですね。購入したい場合はまずhttp://www.spheresolid.com/で登録をするようです。

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのSDカードやNANDパーティションのファイル/フォルダコピーや削除、リネームなどを行うことができるファイルブラウザGodMode9 v1.4.0をリリースしていました。NDSイメージファイルのマウントやブラウズに対応したことやHOMEメニュー内にペイロードメニューを追加したことなど、メジャーアップデートに相当する大掛かりな変更内容となっています。

●GitHubで、Aftnet氏がマルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchのLibretroコアをWinRTコンポーネントに移植しUniversal Windows Platform(UWP)に対応したLibretroRT v1.8.15(RetriX.UWP_1.8.15.0)をリリースしていました。input managerでの不具合修正などが変更点です。

●leecherman(LMAN)氏が、PSP/PS1バックアップゲームやHomebrewをVitaのLiveAreaのバブルから直接起動することができるプラグインAdrBubbleBooter(Adrenaline Bubble Booter)と同じ機能をセットアップを簡単にするためにVPKバージョンにしたAdrenaline Bubble Booter VPK Edition v0.3をリリースしていました。スタートアップイメージスタイルの設定を追加したことなどが変更点です。(Realさん情報ありがとね)


GameGaz Daily 2017.9.14

●PSXHAXで、PS4のシステムソフトウェア バージョン5.00 コードネーム”NOBUNAGA”がベータテスター向けにリリースされたと伝えていました。ベータテスターに申し込んでいないと知っても意味ないですが、おそらくテスターの1人がアップデータのダウンロードURLを公開なんかしちゃってます。

●leecherman(LMAN)氏が、PSP/PS1バックアップゲームやHomebrewをVitaのLiveAreaのバブルから直接起動することができるプラグインAdrBubbleBooter(Adrenaline Bubble Booter)と同じ機能をセットアップを簡単にするためにVPKバージョンにしたAdrenaline Bubble Booter VPK Edition v0.2をリリースしていました。LiveAreaテンプレート追加などが変更点です。

●GitHubで、Kartik氏が9.0.0から11.3.0までのニンテンドー3DSでsoundhaxを利用し、ワンクリックでノーマル3DSをカスタムファームウェアLuma3DSが起動した状態にすることができるユーティリティOCS v1.2OCS v1.2.5をリリースしていました。プログレスバーを追加(v1.2)したことや致命的なバグ修正(v1.2.5)などが変更点です。

●GBATempで、KhaderWelaye氏がWiiのISOファイルをWii UのバーチャルコンソールとしてインストールできるようにするためのWindows向けユーティリティWiiVC Injector Script v1.0.5bをリリースしていました。WBFSサポートなどが変更点です。(yuyuyuさん情報ありがとね)

●Engadget 日本版で、Kaze Emanuar氏らがニンテンドー64向け『スーパーマリオ64』で24人同時プレイなどを実現したMOD版Super Mario 64 Onlineをリリースしたことを伝えていました。『スーパーマリオ64』のバックアップROMをWindows上でパッチを当ててエミュレータでプレイするようです。(yuyuyuさん情報ありがとね)

●GoNintendoで、Flipnote Studio 3D v1.3.3が公開されたことを伝えていました。これについてMrNbaYoh氏はチェックするまではアップデートしないよう呼びかけています。なお、日本版の『うごくメモ帳 3D』については公式サイトを見る限りまだv1.3.3公開の情報は掲載されていません。Flipnote Studio 3DについてはHomebrew Launcherを起動できるexploitがBug Bounty Programに報告されていますので、問題なしという結果は想像しにくいです。


Flipnote Studio 3Dをアップデートしないように。時間ができたら新バージョンをチェックする。

●本日放送されたNintendo Directで発表された、個人的に注目した発表は以下です。

●ヨドバシカメラで、2017年9月16日(土)あさ9時よりニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンの予約受付を開始すると発表していました。ヨドバシ・ドット・コムでも朝9時より予約受付、各店舗でも一部を除き朝9時より予約を受け付けるそうです。ヨドバシ・ドット・コムではSwitchの時は当日は永遠と予約を受け付けていましたが、今回は数に限りがあり予定数に達し次第終了となっています。争奪戦必至ですが、今回はさすがにそのうち買えると思います。


GameGaz Daily 2017.9.12

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がHENkaku環境のVita向けにFPSゲーム『Quake II』を移植したvitaQuakeII v.1.0をリリースしていました。リスケーラーが動作するようになったことなどが変更点です。

●leecherman(LMAN)氏が、PSP/PS1バックアップゲームやHomebrewをVitaのLiveAreaのバブルから直接起動することができるプラグインAdrBubbleBooter(Adrenaline Bubble Booter)と同じ機能をセットアップを簡単にするためにVPKバージョンにしたAdrenaline Bubble Booter VPK Editionをリリースしていました。


GameGaz Daily 2017.8.12

●/talkフォーラムで、VitaHEX gamesがVitaのカメラアプリにはない明るさやコントラスト、ホワイトバランス、アスペクト比などをタッチパネルを使って設定することができるカメラアプリPRO Camera Vita v1.0をリリースしたことを伝えていました。

●Maxconsoleで、xorloser氏がPS4/PS4 Slim/PS4 ProのマザーボードでシリアルUART/Sysconと接続するポイントやPS4 MTX Keyを接続するFlashメモリのピン配列の情報を公開したことを伝えていました。

●PSX-Placeで、CaptainCPS-X氏がEstwald氏の開発したPS3の温度に応じてファンの速度を管理してくれるユーティリティControl Fan Utility v1.7のソースコードのリポジトリをGitHubに用意したと発表していました。リポジトリはhttps://github.com/CaptainCPS/controlfanutilityです。

●GitHubで、koolkdev氏がニンテンドー Wii Uのファイルシステム(WFS)向けのライブラリとツールWFS Tools v0.5.17をリリースしていました。セクターサイズ検出に失敗するエラーの修正が変更点です。

●leecherman(LMAN)氏が、PSP/PS1バックアップゲームやHomebrewをVitaのLiveAreaのバブルから直接起動することができるプラグインAdrBubbleBooter(Adrenaline Bubble Booter) v0.5をリリースしていました。ゲームを起動できるuma0パーティションサポートなどが変更点です。(KOHさん情報ありがとね)


GameGaz Daily 2017.7.12

●PlayStation.Blogで、PlayStation 4 Pro(CUH-7000シリーズ)初のカラーバリエーション「グレイシャー・ホワイト」を9月6日(水)より数量限定で44,980円(税抜)にて発売すると発表していました。

●SensorTowerで、日本のPokémon GOプレーヤーはアメリカのユーザーに比べ1ダウンロードあたりの平均で3倍の額の課金をしているとの調査結果を発表していました。Pokémon GOリリースから1年間で1ダウンロードあたり平均26ドル(約3,000円)を使っており、世界の中でもトップで、2位のアメリカの平均7.7ドル(約880円)の3倍となっています。
去年の8月の調査になりますが、マイナビニュースによると課金ユーザーは9.5%との調査結果もあり、課金する人は計算上1年間で平均30,000円強を使っていたことになります。日本だけダントツな理由はポケモンへの愛着、でしょうか。
pokemon-go-revenue-per-download

●GitHubで、LiquidFenrir氏がニンテンドー3DSのWi-Fi設定スロットをバックアップ/リストアすることができるユーティリティWifiManager v1.0.1をリリースしていました。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSで.ndsファイルを起動することができるローダーTWLoader v5.5.0をリリースしていました。起動時に存在しないファイルはダウンロードされるようになったことなどが変更点です。

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのSDカードやNANDパーティションのファイル/フォルダコピーや削除、リネームなどを行うことができるファイルブラウザGodMode9 v1.2.7をリリースしていました。.gm9 スクリプトのサポートや、そのスクリプトを閲覧するためのテキストビューアー実装などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、ahezard氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap V0.5.0をリリースしていました。DSi WRAMの496KBの代わりにメインRAMの12MBを使うLRUキャッシュにアップグレードしたことなどが変更点です。

●Xbox Japan Blogで、2017年7月12日(水) より『Xbox One 500 GB (Minecraft 同梱版)』の参考価格を、従来の29,980円(税抜)から27,759円(税抜)に価格を改定すると発表していました。

●GitHubで、ArkSource氏がVitaの画面を白で最大輝度で点灯させてライトの役割をさせることができるユーティリティFlash Light v1.0をリリースしていました。

●leecherman(LMAN)氏が、PSP/PS1バックアップゲームやHomebrewをVitaのLiveAreaのバブルから直接起動することができるプラグインAdrBubbleBooter(Adrenaline Bubble Booter) v0.4をリリースしていました。ISOファイルごとにinfernoドライバーの代わりにM33ドライバーを使う設定の追加などが変更点です。