DS News一覧

“別件提訴”が効果的でした!「ニンテンドーDSで起動するマジコンと呼ばれる装置」輸入販売差し止めで任天堂全面勝訴

任天堂が、「ニンテンドーDSで起動するマジコンと呼ばれる装置」を輸入販売していた業者への販売差し止めと損害賠償を求めた訴訟で全面勝訴したと発表していました。

続きを読む


ニンテンドーDSシリーズ生産終了か 来年度の販売台数予想なし

CVGで、任天堂はニンテンドーDSの生産を終了しているのではないかと伝えていました。

続きを読む


さらばDS Homebrew – Flashcart 遂に日本へ輸入不可

ファミ通.comで、経済産業省がニンテンドーDS用のFlashcart(世間的にはマジコン)輸入差止対象に追加したことを発表していました。

続きを読む


愛知県警 マジコン販売業者の男性を逮捕

任天堂が、ニンテンドーDSに施されたセキュリティを回避してコピーゲームの起動を可能にする、いわゆる「マジコン」と呼ばれる装置の販売者に対する、刑事摘発が行われたことを発表していました。

続きを読む


ニンテンドー3DS(仮称)はワイドタッチパネル液晶採用?アナログコントローラーも

Engadget 日本版で、任天堂が米FCCに提出した書類にあった写真(下記)から3DSの開発基板ではないかと伝えていました。(瑠璃さん情報ありがとね)【情報源:Engadget 日本版

3DS motherbord

書類の内容は無線デバイスについての報告ですが、写真の”Nintendo DS CTR Target Board”について、ニンテンドーDS ではバージョンごとに ” TWL ” (DSi) や ” UTL ” (DSi LL)といった3文字の内部名が割り当てられていて” CTR “は現在までのどのモデルにも該当しないのを3DSではないかとする根拠としています。
あくまでも開発基板で製品基板とは異なりますが、3D表示をするはずの液晶画面(写真上か?)は16:9のアスペクト比となっているようです。少なくとも”3DS(仮称)”と呼ばれる次世代機は現行ニンテンドーDSを引き継いで2画面形態を踏襲しているようです。

なお、今回の情報源となっているEurogamerでは、その他の情報は写真の解像度が低いため解析できないが、ステレオスピーカーやDSカードリッジスロット、SDカードポートがあるので新型基板となるであろうことをのぞけば既存のDSシリーズと同じ構成であるとしています。

しかし、EurogamerでもEngadgetでも言及されていませんが、上画面、下画面ともフィルムケーブルが複数基板とつながっているように見えることから上下画面タッチパネルなのかもしれません。更に4:3アスペクトの下画面の左下にアナログパッドのようなコントローラーが見えます。このあたりがDSシリーズと異なるところかもしれません。

[追記]
3DSの名称は特許庁に商標登録されています。
かつてPS3のモーションコントローラーも『PlayStation Arc』が商標登録され、その後『PlayStation Move』も登録されて正式名称として発表されたこともありますので、一概に3DSが正式名称とも言い切れません。
3DSは任天堂から突如発表されたのが3月23日(ゲーム最新情報 2010年3月23日のニュース参照)ですが、商標登録は3月19日にされています。仮称での発表に向けた商標登録の可能性もあります。
Nintendo 3DS



Nintendo 3DSの開発機写真がリーク?

コミックやアニメ・ゲーム・映画などの紹介や雑記などを綴っているブログ「もぐもぐブログ」で、ニンテンドー3DSの(脳内)リーク画像を掲載、解説していました。(きっずさん情報ありがとね)【情報源:謎のゲーム機画像いろいろ:もぐもぐブログ

リンクして紹介する場合は、掲載している画像を2,3個くらいなら転載して利用OK
とのことですので思いっきり転載させていただきます。

NINTENDO_3DS_0

NINTENDO_3DS_1

NINTENDO_3DS_2

「できればネタバレせずにそれとなくリンクしていただけたら幸いです。」とありますが、もうエイプリルフールでもないのでそれだけはご勘弁。

どうやらエイプリルフールに間に合わなかったが力作なので公開したという、”ニンテンドー3DS開発機リーク写真”風解説という記事になっています。
多分Shadeを使った3DCGで作られた写真だと思われます。

解説も非常にしっかりしておりますので是非ご一読いただければと思います。

何故これを紹介したのかと言うと、読者の皆さんを騙したいからでも3DCGのまさに本物のような風合いに感激したからでも何でもありません。
カラーバーは写真に撮影したらあのようにはなりませんし、3DSの影が妙に描かれた感が強いので確かにCGで描画されたものでしょう。

3DSと聞いて、3D表示で現行DSと互換性を持たせたことを表現したのだろうと勝手に想像していましたが、本来の意味は”3 Dimension Screen”でしょう。別に2画面である必要はないのです。

先日ニンテンドー3DSの予想図を集めて公開しているサイトを紹介しましたが、ほとんどの作品が2画面折りたたみゲーム機という現行DSの発想から抜けきれないものばかりでした。
そのためこの想像写真(?)を見た瞬間、発想の大切さというのを非常に教えられた気がしました。その発想だとDS互換は縦画面で上下二分割、3DS用は横でも縦でもどちらでもOKということになり、新しい楽しみ方を提案できるゲーム機になりそうな気がしてきたのです。
もちろんE3で発表される本物の3DSがどんなデザインなのかは知る由もありませんが、再び折り畳み2画面形式でなくとも1画面構成で良いのではという気がしています。

今回の想像写真(?)はカメラもステレオ撮影対応で2つ付いていたりするだけでなく、DSカードスロットやSDカードスロットの位置を基板配置上無理がないところに設置したりと非常に手が込んでいます。一応記事を書いたご本人はエイプリルフールのネタ(ウソ)だと説明していますが、逆に開発機をわざと画像加工して自然っぽくしないよう細工したのではないかと疑ってしまいます。

単なるネタだとしても、読んでいるうちに3DSはこうあってほしいと願ってしまうこと間違いありません。
6月のE3にはプロトタイプがPlayable(遊べる状態)で発表されますので楽しみに待ちましょう。