DS オススメGames

You are currently browsing the archive for the DS オススメGames category.

ドラゴンクエストIX 朝7時販売開始って…




楽天市場のテレビゲームジャンル売れ筋ランキング1位常連でもあり、7月11日にようやく発売されるNintendo DS用 「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」は今一番売れ行きが(マジコンで起動しない事も)期待されているソフトです。

前回の延期から早4ヶ月が経過し、その後近所のコンビニエンスストアでも順調に予約受付がされていましたが、そのコンビ二でも最近販売促進ポスターが貼られるようになりました。
そのポスターがこれ。

ドラゴンクエストIX_朝7時発

げ、時間指定してある…朝7時!?
コンサートチケットの販売みたいだな…

発売日の午前零時に売り出す店舗を牽制するため?
深夜の店舗前に長蛇の列を作らせる伝統芸を廃止するため?
コンビニエンスストアはいいけれどゲーム販売店も朝7時に開店するの?
朝7時前に販売したら罰則でもあるの?
予約した客が朝6時に取りに行くと「7時までお渡し出来ません」とか言われて待たされるの?

疑問が次々と浮かんできます。

折角土曜日に発売するのですから、少しでも早く入手したいですよね。普通。何も時間指定までは必要ないと思いますよ。

今回のドラクエには渾身のマジコン対策が施されていることが予想されます。どんな仕掛けがしてあるのか、今から楽しみです。


MAXCONSOLEで、今までの常識を打ち破りゲームをするためにゲームを家に置いて外に出るという初めてのゲームを任天堂が発売することを伝えていました。【記事

ちなみに日本ではすでに発売済みの人気ゲーム、「歩いてわかる 生活リズムDS」のことです。

Nintendo creates first game that encourages you to leave house
任天堂はゲームとしては初めて、外出する気にさせるゲームを作りました。

Nintendo is set to release a new game for the DS which encourages players to actually get out of the house. ‘Walk with me’ will be released during Feburary in Europe and comes with two pedometers which monitor how much activity the game player does.
ニンテンドーはプレーヤーに実際に家の外に出ることを推奨する新しいゲームを発売します。「一緒に歩こ」(日本では「歩いてわかる 生活リズムDS」)はヨーロッパで2月に発売予定で、プレーヤーがどれだけ歩いたかが分かる歩数計が2個同梱されています。

メタボ診断で運動しろせめて歩け、さもなくば死期が早まると医者に脅迫されたまもすけに発売時大人買い即決させた凄いゲームです。しかも今は家族4人全員リズム計持ちで毎晩シンクロ(同時に歩いた時間があると「シンクロ!」とMiiが叫んで万歳する)してます。

生活リズム計DS_シンクロ画面家族そろってシンクロしたときの快感といったら…
もちろん家族総出でこのゲームを楽しむには人数分のリズム計が必要になります。
我が家ではリズム計の事を「万歩計」と呼んでます。(そのまんまじゃん!)
夫婦で「シンクロ」しているのを見た子供が一緒にやりたい万歩計欲しいと言い出したため家族総出になりました。

おかげで最近は少しでも多く歩こうと努力するようになりました。
ひとつ先の駅から電車に乗るとか、階段を使うようになったとか。


一番の魅力は「わざわざ万歩計持って歩いている」感覚が全くない事です。ごく自然に取り組める不思議な魅力があります。
もちろんゲームしている感覚もありません。

生活リズム計DSリズム計はキーと一緒に持ち歩こうベルトなどに付けるためのフックも付属していますが、まもすけはストラップを付けて鍵と一緒に持ち歩いています。
鍵は必ず持ち歩くものですし、いつもポケットに入れてあるのでリズム計を持ち歩くには「鍵と一緒に」がぴったりです。

大きさから想像するほど重くなく、むしろ非常に軽いので鍵と一緒に付けても苦痛にはなりません。LR44タイプのボタン電池を使用しますので電池も結構持つようです。
残念なのは、標準でついてくるリズム計の色が白黒で無彩色なことと、オプションのリズム計が白地に緑の単一で色が選べない事です。4人分だと確実に白黒に緑2つとなる訳で、緑は名前でも書かないと誰のものか分からなくなりそうです。

楽天で購入するなら送料込みだとだぶんここが一番安いです。

トイザらス・ベビーザらス【NDSソフト】 歩いてわかる 生活リズムDS 4,999 円
(3,900円以上は送料無料)

生活リズム計単体はこちら

トイザらス・ベビーザらス「生活リズム計」単体 1,799円

[追記]
時間の経過に伴い価格変動や在庫の関係で上記リンク先で購入できない場合は下記のリンクへどうぞ。安い順にリストアップしてあります。ただしリズム計単体とゲーム自体が混ざってます。
メタボな方におすすめ 『歩いてわかる 生活リズムDS』

MiiはWiiとの通信でWiiから引っ張って来れます。
もちろんDS単体で作成も可能です。
なお、生活リズム計とDSとの通信はDS本体とWiFi通信ではなくゲームカードリッジ自体と直接行っているため(赤外か?)バックアップでは起動こそするもののそこから全く進めませんのであしからず。(究極のマジコン対策!?)

洋ゲーお気に入りのゲームです。

とはいうものの、面白いゲームというよりも暇つぶしに最適な感じです。

秋恒例のDS用ポケットモンスター プラチナがまもなく発売されますが、大人はそんなゲームできません。何時間も熱中する暇ありません。

ちょっとやって、すぐやめる。ちょっと楽しい。
これが大人のゲームの楽しみ方だと思っています。
しかも海外版なんて、ニッチな香りがいいじゃないですか。

最近洋ゲーにはまりつつあります。

今日のおすすめはこちら

DSにグラフィック性能を求めてはいけません。
とはいえ、DSにしては結構がんばってます。
出てくるバイクはDUCATI(ドゥカティ)ばかりです。DUCATIフリークにはたまらないかも。
ちなみにまもすけは大型自動二輪免許所有者ですが、ZとかNINJAとか刀派です。

レースに出て賞金を稼いでそのお金でバイクにチューニングを施し、またレースへ、というスパイラルゲームです。

妙にリアルなところがあるのが笑えます。

レース後のダメージに応じてメカニックに修理費をカツアゲされます。
軽くこすっただけで$100も取られます。

レース前にライバルがいきなり現れて賭けようぜとそそのかしにきます。
「I bet you $500 I can beat you in this race」
おいおい、そんなことしてんじゃねーよ。

そんな遊びもありますが、ゲームとしてはバイクを傾けた後コーナーを抜けて車体を戻すときの感覚が絶妙に気持ちがいいです。はじめからコーナーのRを計算しておかないとうまく曲がれません。単調になりがちですが単調さにもリズムがあると結構楽しめるものです。

残念なのは、視点変更ができないことくらいでしょうか。常に自分の斜め後方5mからの視点になります。操作する分にはやりやすいため初心者向きですが、実際にDUCATIに乗っているような感覚を求めたいまもすけとしてはちょっと残念です。

クラブニンテンドーのポイント交換アイテムに新グッズが追加されました。
まもすけがビビビときたのは

ゲーム&ウオッチコレクション2

500ポイントで交換 ゲーム&ウオッチコレクション2

中年リーマンにとってガキの頃熱中したゲーム&ウオッチは言葉を聞いただけで熱い思いが煮えたぎります。

今回のゲームは
「パラシュート」
「オクトパス」
そしてその複合ゲーム「パラシュート×オクトパス」
です。

欲しいぞ。ポイント足りないぞ。またゲーム買うか。

まもすけお気に入りのゲームです。
またまたDS用ですよ。

昔Mac版でハマったゲームです。もう10年くらい前でしょうか。
DSで発売されると聞いて首をながーくして待っておりました。

建物の中に部屋やら階段やらいろいろ作って人の流れを作って住人を増やし…みたいなシミュレーションゲームです。
昔Mac版で電源入れっぱなしにして毎日眺めてはニヤニヤしてました。
ちょっとやるとすぐのめり込んでしまう不思議なゲームです。
さすがに現代のDS用は昔みたいにひたすらビルを大きくする以外の脚色がありますね。
個人的にはTheTowerはひたすらシンプルであってほしいです。
とはいうものの中毒性があるのは変わっていません。
問題は放置しておくとバッテリーが切れてしまうことでしょうか。DSの。

最近PSPにハマりっぱなしですが、お気に入りのDSゲームをご紹介します。

大人が楽しめるゲームです。

日本未発売です。

Wiiと違ってDSは洋ゲーだろうがなんだろうが動くからいいですね。
DSはクルマもののゲームが少ないのでこういった洋ゲーにとっても惹かれます。
フェラーリ公認だとかいろんなうたい文句はありますが、ゲームはやってなんぼ。うんちくは無視です。

<感想>
DSなのでグラフィックも音声もしょぼいです。
基本的に上画面を見ながら操作します。
下画面はオートマモードのときはフェラーリのコクピットを模したっぽいアナログメーターの配置されたメーターパネルが出ています。
(ちなみにマニュアルモードはフォーミュラカーっぽいデジタルメーターです)

人間工学的にはレーシングゲームで上画面を見ていると下画面は視界にあまり入りません。エンジンの音と景色の流れ具合でスピードを判断してます。
クルマのゲームには視点切り替えがたいていついています。
好みの問題ですが私はいつもコクピット内目線かフロントバンパー目線でやってます。
視点切り替えボタンがSELECTボタンなのでゲーム操作中の視点切り替えは難儀です。

オートマモードでやると大して特徴の無いゲームなんですが、マニュアルモードだと状況が一変します。フェラーリサウンドでエンジン回転数を判断しながらシフトアップ/ダウンできます。ちょっとピーキーなエンジンの感じがフェラーリっぽくて○です。コースを覚えたり理想のラインを探したりブレーキングポイントを探ってみたりと、なかなか楽しめます。

ちなみに5カ国語バージョンですので英語を選べばたいていの方は問題なく遊べると思います。そんなに難しい英語も出てきませんし。

問題は日本では簡単には買えないことくらいです。

まもすけです。

大人にふさわしいゲームを紹介したいと思います。
PSPのほうがハードとしては動画が見れたりとそそられるので好みなんですが
いざゲームするとなるとPSPには大人が楽しめるゲームがありません。

DSはそもそも脳トレブームに乗って購入しました。
サラリーマンたるもの、小中高生が喜んでやるようなゲームをしていてはいけません!!

ということで、今日のおすすめはこちら

なんでやねん!!!(ツッコミどころ満載)

はい、大人の私はコードギアスにハマりました。
オタク市場をなめてはいけません。
httpv://www.youtube.com/watch?v=ptOZR24SwLo

この『コードギアス反逆のルルーシュR2 盤上のギアス劇場』というゲーム、ファンにはたまらない一品だと思います。裏を返せばアニメ見たことない人は10分で購入の喜びが後悔に変わることでしょう。

主人公(プレーヤーです)は、1ヶ月限定でブリタニアからアッシュフォード学院にやってきた転校生という設定です。
名前は自由につけられますので感情移入も十分!
プレーヤーの風貌はグレー髪で、デフォルトの名前は『ライ』です。

コードギアスのゲーム自体がメディアミックスの賜物です。
ゲームの設定が本筋の物語と(多分)リンクしてます。
この『ライ』くんはPSPやPS2の『LOST COLORS』の主人公もこなしてます。
アニメの本編にもエキストラとして出てきます。(分かるかな?)
ゲームと同じ風貌でピコピコハンマー持ってたり。

話がそれましたがゲームですね。
オープニングはアニメに出演するキャラクターが『コードギアス反逆のルルーシュR2 盤上のギアス劇場』とタイトルを読み上げます。ファンにはたまりませんね。
中身は単にすごろくで、止まったマスに出演キャラがいてそのキャラ設定にあったミニゲームが出来る、という分かりやすいものです。
キャラも2等身デフォルメでカワイイです。
セーブもワンターンごとに出来ますので多忙な大人にはぴったりですよ。

例えば…
ルルーシュはチェスならぬオセロ勝負です。はっきり言って弱いです。
シャーリーはボタン連打するだけの水泳ゲーム。ハイパーオリンピック系ですね(古っ)。
ナナリーはアニメの台詞を誰がしゃべっているのか、音だけ聞いて当てるゲーム。
このナナリーゲーム、はっきり言ってアニメ見てない奴は門前払いです。絶対解けません。見てれば台詞の内容で誰がしゃべったのか、ファンなら分かります。脳トレよろしく、レベルが上がると複数同時にしゃべりやがります。
上のリンクの動画に至ってはあまりのアホさ加減に泣けてきます…
皇帝陛下が高らかな笑い声でゼロを倒す、という言葉通りそのもの。
原作のストーリーをここまでパロるとはいやはや。

…と、まあこんな感じです。

とにかくこの『コードギアス反逆のルルーシュR2 盤上のギアス劇場』というゲーム、ファンならぜひやってみてもらいたいです。

残念な点はというと
ゲーム冒頭はフルボイスでうれしくて泣けてきますが本当に冒頭だけの手抜きです。
きっとコードギアスフリークは完全フルボイスだったらみんな買うんじゃないですか?

まもすけが命ずる。アニメ見てない人は買うな。

Tags: