ストレージマウントディレクトリを管理 PSVita-StorageMgr by CelesteBlue

GitHubで、CelesteBlue氏がVitaでストレージデバイスを任意の場所にマウントできるようにするプラグインPSVita-StorageMgr v1.0をリリースしていました。

Vitaのusbmc.skprxとgamesd.skprxをマウントする場所は設定ファイルで管理します。
ゲームカードスロットに差すmicroSDアダプター「SD2Vita」や3Gモデムカードと置き換えて実装するmicroSDアダプター「PSVSD」、USB接続、内臓ストレージなどが対象で、usbmc.skprxとgamesd.skprxを置き換えることで機能を実現しているそうです。taiHENkakuまたはensoで動作します。

使い方は以下です。

1. storagemgr_config.txtをur0:tai/にコピーする
2. storagemgr.skprxをur0:tai/にコピーする
3. もしux0:tai/config.txtが存在する場合はそれをur0:tai/config.txtにコピーする
4. ux0:tai/config.txtが存在する場合はそれを削除する
5. ur0:tai/config.txtを開き、*KERNELの後にur0:tai/storagemgr.skprxを記述する
6. ur0:tai/storagemgr_config.txtでマウントしたいディレクトリを記述する
7. Vitaを再起動する

PSVita-StorageMgr-1

PSVita-StorageMgr-2

プラグインでマウントするポイントを決められるのは便利ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする