GameGaz Daily 2018.1.11

●GitHubで、Aftnet氏がマルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchのLibretroコアをWinRTコンポーネントに移植しUniversal Windows Platform(UWP)に対応したLibretroRT v1.9.4(RetriX.UWP_1.9.4.0)をリリースしていました。ローテーションサポートが変更点です。

●Rinnegatamante氏はグラフィックライブラリOpenGLをVitaGLとしてVitaに移植していますが、3DゲームQuakeをOpenGL版として移植したGLQuakeのVitaへの移植(VitaGLを利用したvitaQuake)に取り組んでいます。ツイッターで、Rinnegatamante氏が現状報告としてvitaQuakeの動画を公開していました。将来はOpenGLを使ったHomebrewの移植が容易になりそうですね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする