マウントパーティション変更プラグイン StorageMgr by CelesteBlue

ツイッターで、CelesteBlue氏がVitaにストレージをマウントする際に任意のパーティションにマウントすることができるtaiHENプラグインStorageMgrをリリースしていました。(しゃるんさん、Johnさん情報ありがとね)

ReNpDrmのリリースが遅れた代わりにCelesteBlue氏がクリスマスリリースしたプラグインです。

ur0:tai/storage_config.txtという設定ファイルに記述することでストレージをマウントするポイントを設定できます。

背定できるのは以下のストレージです。
GCD = GameCarD: ゲームカード (SD2VITA)
MCD = MemoryCarD: メモリーカード
INT = INTernal user storage:内蔵ユーザーストレージ(PS Vira SlimとPS Vita TVは1GB)
USB = USBマスストレージ = PSVSD

例えばゲームカードをux0、メモリーカードをuma0にマウントする場合はstorage_config.txtに以下のように記述します。
GCD=ux0
MCD=uma0

何でもかんでもパーティションを勝手に割り当てを変絵られるのかどうかまではわかりませんが、ゲームカードとメモリーカードは
tm0
ur0
ux0
gro0
grw0
xmc0
にはマウント位置変更できるらしいです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


『マウントパーティション変更プラグイン StorageMgr by CelesteBlue』へのコメント

  1. 名前:ナナシ 投稿日:2017/12/27(水) 23:21:52 ID:0b909690f 返信

    背定