HENkaku Release 11 メモリーカード使い回し機能実装へ

ツイッターで、Yifan Lu氏がVitaの3.60でHomebrew起動を実現するネイティブハックHENkakuの次のアップデートに搭載する新機能におけるマルチランゲージ対応のための翻訳を募集していました。その内容からHENkaku Release 11の内容が見えてきました。


新たにHENkakuの翻訳が必要になりました。

その要翻訳内容から次のHEHkakuの変更点は
・DRMフリーのパッケージダウンロード機能
・アカウントやファームウェアからのメモリーカードロックの解除

memcardswapCardUnlockで行なっていたux0:id.datを削除してメモリーカードの使い回しを可能にする機能をHENkaku自体で実装するようです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする