小島監督 コジマプロダクションとして独立 第1作目はPS4独占タイトルに





PlayStation.Blogで、コナミのゲームデザイナーである小島秀夫氏がコナミを退社して新たに設立した「コジマプロダクション」とがSCE契約を締結し、第1作目をPS4向けに独占タイトルとして制作することで合意したと発表していました。

小島秀夫氏のことをご存じない方もいるとは思います。小島氏はコナミでメタルギアシリーズの制作に関わってきたゲームクリエイターで、日本や海外でも名の通った著名な方です。

先日行われた年末のゲームイベント「THE GAME AWARDS 2015」で小島氏が監督を務めた『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』がベストアクション/アドベンチャー部門を受賞しました。
本来なら「THE GAME AWARDS 2015」の授賞式に出席するのは小島氏のはずですが、コナミから小島氏に対してイベントへの出席許可が出ず授賞式に参加できなかったことが報じらました。それ以前にも小島氏のチームがコナミ内で解散したと報じられたり、小島氏がコナミの役員を外され冷遇されているなどと報じられたり、色々とキナ臭い動きが多数あったのです。

そこにコナミ退社と「コジマプロダクション」設立、SCEとの契約締結の発表です。これでキナ臭い動きが全て繋がりました。

実際にはコナミを退職して独立することは以前から決まっていたのでしょう。独立を決めた後、多数オファーがあった中でSCEに第1作目を供給することを決めたようです。「THE GAME AWARDS 2015」に出席しなかったのはすでにその時点で有休消化中で事実上コナミを退職状態だったのかもしれませんね。

ということで、すでにコジマプロダクションの公式サイトが立ち上がっています。
http://www.kojimaproductions.jp/

SCEのCEO Andrew House氏によるビデオリリースも公開されました。

こういった動きを見ると、用意周到に準備してきたことがよく分かりますね。相当以前から正式発表に向けて動いていたようです。

私は小島監督の作品はメタルギアシリーズの『メタルギアソリッド ピースウォーカー 』くらいしかプレイしたことがありませんが、あの全体を通した世界観や小島氏自身がネタとしてゲーム中に登場する小ネタ感は結構好きです。海外では小島氏は相当評価されているようで、ほとんどのメディアで小島氏の独立を伝えていました。日本を代表するゲームクリエーターとしての今後の活躍を期待します。

なお、個人的に最も驚いたのが、小島氏の独立よりも「Andrew House氏は日本語ペラペラじゃん」であったことは内緒です。

Tags: ,

  1. お寿司’s avatar

    小島氏のSCEへの移籍は、今のPS4のクリエイターへのサポート体制を考えれば何も驚くことはないものでしたね
    まあ、今のFu○kなKONAMIと比べればどこのゲーム会社であってもマシという感じではありますが

  2. とり’s avatar

    正確には時限独占みたいですね
    SCEもPS4でのリリース後にPCでのリリースを確認するというツイートをしている様です

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です