New 3DSにも対応 3DSのリージョン制限を解除するregionFOUR by smea





ツイッターで、smea氏が3DSでのリージョン制限を解除するregionthreeのアップデート版と思われるregionFOURを開発中であることを発表していました。


regionFOUR

実は公表されたのはregionFOURという名称と、写真の画面に表示されている公式サイトのURLと思われる

http://smealum.net/regionfour/

のみです。

その他のことは正確には分かりません。

smea氏のリージョン制限解除といえば3DSでのリージョン制限を解除して起動させることができるゲームカードローダーregionthreeが既に存在しますが、regionFOURという名称から察するにregionthreeのアップデート版だと予想できますが…

smea氏のツイートを読む限り、regionFOURについて分かる範囲の情報を以下に挙げておきます。

・regionFOURははregionthreeのアップデート版っぽい
・regionthreeはNew 3DSで動作しなかったがregionFOURはNew 3DS対応
・3DSの最新ファームウェア対応かどうかは不明
・今後リージョン/ファームウェアごとの移植作業が行われた後に公開
・ただしhttp://smealum.net/regionfour/は実際にはアクセスできない(ディレクトリが存在しない)

おそらく近日中に何らかの正式な発表があると思いますのでそこでregionFOURの詳しい内容が分かると思います。

[追記]
最新バージョンである9.7.0-25に対応していることが明らかになりました。何らかの新しいexploitを利用していると思われます。

代わりにテストしてもらいました。New 3DSの9.7でも問題なく動作したようです。

[追記2]
New 3DS対応 リージョンフリーゲームローダー(最新ファームウェア対応)としてデモ動画が公開されました。

現時点での対応ファームウェアは9.2から9.7で、必要なものは現状では『Cubic Ninja』ですが、ゼルダにも対応させたいとsmea氏はコメントしています。

また、昨日はアクセスできなかった公式サイトhttp://smealum.net/regionfour/も公開されました。

  1. 公式サイトのGet regionFOURで3DSの情報を入力する。旧3DSの場合は”OLD”、新型3DSの場合は”NEW”を選んでから、自分の3DSのファームウェアバージョンにセットする。

  2. submitをクリックすると入力した3DS専用のregionFOUR QRコードが表示される

  3. 3DSのWi-Fi設定ができていることとインターネットに接続していることを確認する。

  4. 3DSで『Cubic Ninja』を起動し、MENUで”EDIT” -> “QR Codeの読取”を選ぶ

  5. QRコードをスキャンする。何度かやり直す必要がある場合がある。できるだけ画面全体にQRコードが映し出されるようにすること。QRコードをスキャン後にエラーでメニューに戻ってしまった場合はやり直すこと。

  6. スキャンできた場合は画面表示に従う。ゲームカードのセーブデータにexploitをインストールしないようにすること。exploitインストールは非推奨。

  7. regionFOURの準備が完了すれば別リージョンのゲームを入れるよう表示される。『Cubic Ninja』のゲームカードを取り出して起動させたいリージョンのゲームを入れSTARTボタンを押す。

  8. regionFOURがゲームカードにインストールされると次からはQRコードメニューへ戻るだけで自動的にregionFOURが起動する

Tags: , ,

  1. 国際石井’s avatar

    Kidousaseru吹いた

  2. mamosuke’s avatar

    kossori naishita

  3. tktk’s avatar

    naishita吹いた

  4. sirome’s avatar

    Omaeradaijoubukaww

  5. shizuru123’s avatar

    このexploitで9.7.0-25まで起動できるということは、ninjhaxも期待できるかな?
    そしてここまでQRコードexploitが進歩してくると、そろそろMiiスタジオを使ったソフトがいらないハックも出てきそうですね・・・

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">