新たなWebkit exploit発見 Vitasploit for 3.36





wololo.netで、PS VitaとPS4で有効な新しいWebkit exploitが発見されたと伝えていました。

いきなり残念な話になりますが、このWebkit exploitはVitaの3.50ファームウェアですでに対策されてしまったものです。現時点では3.36以下のファームウェアのVitaであれば利用できると言うことになります。

Vitaの3.3xで動作する、新たに発見されたWebkit exploitは未確認ながらPS4の2.50以下でも動作する可能性があるようです。2.51については不明ですが、対策されている可能性はあります。

かつてVitasploitと呼ばれていたPS Vita初のpネイティブexploiは3.30で対策されてしまいました。同じ脆弱性がPS4でもありましたが、PS4の方は2.00のアップデートで対策されています。それよりは新しいファームウェアで動作する新Webkit exploitが見つかったことで今後シーンが盛り上がりそうです。

このexploitは、個別製品中の脆弱性に与えられる一意の識別番号「CVE識別番号」((CVE-ID)がCVE-2014-1303で、その脆弱性により任意のコードが実行できる可能性があるというものです。Vitaにはxyz氏がexploitを移植しました。

3.50で対策されていることが残念ですが、今後の開発に期待がかかりますね。

Tags: ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">