もう一つの3DS Flashcart emuNAND関係なくアップデート MT card Software Ver2.1





MTcardチームが、ニンテンドー3DS用Flashcart MTcardをアップデートするMT card Software Ver2.1をリリースしていました。


今回のMT card Software Ver2.1では、「最新のダンプ機能」と「ファイル変換機能」が搭載されました。アップデートといってもSDカードのlauncher.datをMT card Software Ver2.1のものと入れ替えるだけで、ハードウェアの方は今までと変わりません。

  1. セーブデータのバックアップ機能
    3DSゲームカートリッジのセーブデータをSDカードにバックアップ保存できるようになります。バックアップファイルは*.savになります。flashcartモードとなっていますので、ゲームカートリッジのセーブデータをMT cardでのバックアップ起動にそのまま使えるようになるのだと思われます。

  2. セーブデータのリストア機能
    SDカードにあるセーブデータのバックアップファイル(*.sav)をカートリッジに書き戻すことができます。

  3. 3DSゲームカードダンプ機能
    ダンプしたROMファイルにはセーブデータファイルサイズとゲームカートリッジIDが含まれます。ダンプされたROMファイルはSDカードに*.3dzというファイル名で保存されます。

  4. .savから.zavへのファイル変換機能
    これはFlashcartモードのセーブデータファイルを3DSカートリッジモードのデータに変換する機能です。変換の際にはマイクロSDにあるROMファイル(.3dz)のIDが読み込まれ、IDで.savを*.zavに変換しマイクロSDカードに保存します。

  5. .zavから.savへのファイル変換機能
    3DSカードリッジモードのセーブデータファイルをlashcartモードのデータに変換する機能です。変換の際にはマイクロSDにあるROMファイル(.3dsまたは.3dz)を読み込みます。IDを読み込むわけではありません。既存の.zavに応じて新しい.savが生成されマイクロSDカードに保存されます。


セーブデータで使われている暗号化方法によってセーブデータバックアップを使い分けしているらしく、おそらくは書き戻しへの互換性を最大限有効化する設計をしています。そのあたりはGateway 3DSにはない特徴だとも言えます。

ただし、emuNANDについての言及は一切ありません。emuNANDについては最新ファームウェアでの起動はできないものと思われます。

emuNANDのシステムバージョンが古いままだと何かと今後制約が出てきます。技術的にクリアできないのだと思われますが、Gateway 3DSとの違いを主張して独自の道を歩むにしても少々無理が出てきた感がぬぐえません。

Tags: , , , , ,

  1. MT card Ver2.3’s avatar

    MT公式サイトに聞いたのユーザーが回復を受けました。最新のファームウェアMT_card_Ver2.3.rarがテストしています。

    Emunandシステム9.4サポートできます、SDカードのlauncher.datを直接に取り替えていいと言われています。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">