任意のpkgをVitaにインストールできる隠し機能をSKFU氏が発見





wololo.netで、SKFU氏がPS Vitaに任意のパッケージファイル(.pkg)をインストールすることができる、本来市販のVitaには存在しないはずの“★ Package Installer”機能を有効化する方法を公表したことを伝えていました。

“★ Package Installer”は.pkgをインストールする機能ですが、メニューの頭に星印が付いていることからデバッグファームウェアの機能であることは分かります。しかし実はこの”★ Package Installer”メニューはデバッグファームウェアのみならず、市販のVitaファームウェアにも表に出されていなかっただけで実は存在していたのです。つまり、隠し機能としてパッケージをインストールする機能があることをSKFU氏が発見し、その隠し機能を呼び出す方法を公開した、というのが今回のお話しになります。

これはハッキングでもなんでもなく、要するにpsgmというプロトコルでタイトルIDを呼び出すと、LiveAreaにショートカットがないアプリケーションでも起動できることが分かりましたよ、ということのようです。

具体的には以下のようなhtmlをメールでVitaに送り、VitaのメールクライアントでリンクをクリックすることでタイトルIDがNPXS10031のPackage Installerが起動するという仕組みです。

<a href="psgm:open?titleid=NPXS10031">OPEN PKG INSTALLER</a>

タイトルIDはここにありますので、いろいろ試してみるのもいいと思います。

wololo.netではThe Z氏がこの関連の記事を書いており、彼の運営するサーバー(zload.net)上にサイトを準備し、そこでメールアドレスを入力すればそのアドレス宛に上記のhtmlリンクが記述されたメールが届くことを紹介しています。

その方法を試してみましたが、メールが届かないので仕方なく自分で自分にメールを送る方法でやってみました。VitaのメールクライアントはGmailとYahoo!メールがデフォルトで選択できるようになるので、簡単に設定したい方はGmailかYahoo!メールのどちらかを使うことをお勧めします。今回はGmailを使って試してみました。

1) PCでGmailを開き、新規メールを作成。宛先はGmailの自分自身でいいと思います。タイトルは適当に。リンクを挿入ボタンがあるのでそれをクリックします。

Gmail1

2)するとこのような画面が開くので、表示するテキストに”★ Package Installer”を、リンク先に指定するURLに”psgm:open?titleid=NPXS10031″を入力します。

Gmail2

3)このメールをPCから送信後、Vitaのメールアプリで受信して開き、★ Package Installerのリンクをクリックします。

4)するとパッケージインストーラーが起動します。

★Package Installer

Vita内蔵ブラウザで直接psgm:open?titleid=NPXS10031をURL欄に手打ちすれば起動するのではないかと思い試してみましたが、「アプリケーションが見つかりませんでした。」と表示されてしまいました。メッセージ内容からアプリケーションを起動させようとしていることは間違いないのでブラウザ手打ちの場合はどこかが違うだけかもしれません。

“★ Package “でインストールできるのは例えばニコニコアプリのようなDRMフリーのもののみで、間違っても違法コピーをインストールできるような代物ではありません(純正ですからね)。また、PSPの体験版もインストールできません。使い道としては、現時点ではPS Vitaの海外版向けに配布されているアプリ(Netflixとか)のインストールなどになるでしょうか。

以前日本のアカウントで使用するPS Vita TVでUSストアにあるNetflixをインストールして起動できるリージョンロック解除ハッキングなるFakeハックがありましたが、今回の方法なら当たり前のように実現可能ですね。

Tags: , ,

  1. bread’s avatar

    むむむ・・・自分も色々試してますが中々見つかりませんね。
    もしかしてNPXSの他にもあったりするのでしょうか

  2. flandoll8765910’s avatar

    できない!
    リンクを押してもできない!どうすればいいですか!

  3. mamosuke’s avatar

    2年前の9月の記事ですので、現在では対策済みです。
    ファームウェアのバージョンがいくつなのか分かりませんが、できないのであれば対策済みファームウェア以上のバージョンにアップデートしてしまっています。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">