PlayStation Vita システムソフトウェア バージョン3.18





SCEJAが、PlayStation Vitaのシステムソフトウェア バージョン3.18を公開していました。単なるexploit対策です。何の機能追加もありません。

前バージョンである3.15のリリースから3ヶ月強でのアップデートになります。結構間が空きました。
公式発表での変更点は以下のようになっています。

バージョン3.18で更新される主な機能

システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善しました。

XMLファイルに書かれている情報から、ビルドされたのは2014年7月30日、強制アップデート扱いであることが分かります。

level0_system_version="01.600.000"
level1_system_version="03.180.000"
level2_system_version="03.180.000"
map="01.800.000"

変更点が動作の安定性と言ういつもの文言のみで、一切機能追加については書かれていませんので、何らかのハッキング対策であることは間違いありません。

とりあえずツイッターで幾つか情報を拾ってみました。

幾つかexploitが対策されてる。

残念ながら、対策不可能かもしれない可能性もあったMyStylist exploitのデータが読み取れなくなってしまったようです。

一方で、VHBLの起動自体は対策されていませんでした。

素晴らしい:) ファームウェア3.18のVHBL

The Z氏によると、3.18でも未公開exploitであればVHBLは動作するようです。

CEF用にしか使えないexploitをリリースすると宣言していたKanadeEngel氏のexploitについてはまだ未確認のようです。

まあ、exploitは生きてると思いたいね。Cubixxと同じ運命かもしれないけど。

動いたら報告するよ。

[追記]
3.18でも動作したところかリリースも実施されます。

3.18で新たに対策されたのは対策不可能かもしれないと言われていた日本版の『MyStylist』と、未公開だった『Skate Park City』です。『Skate Park City』はEU版とAU版しか存在しないタイトルです。

プライベートVHBLを持っている方はブラックリストを抜き出せば他にも対策されたゲームが存在するかどうか分かると思います。現状では対策されたことが分かっているのは『MyStylist』と『Skate Park City』だけです。

『Skate Park City』はEUのストアで6.99ユーロです。

このSkate Park City exploitはVHBL移植までされていたようで、Freakler氏が/talkフォーラムで3.15 VHBLとしてリリースしています。

日本で持っている方はほとんどいないと思いますが…

発動方法は簡単で、SingleplayerからLoad Gameを選び、セーブデータをロードするだけです。

『MyStylist』は、データ弄ったら発動するようにならないですかね。

[追記]
3.15向けとしてCEFを動かしていたカーネルexploitは3.18でも生きてます。

Tags: , , , , ,

  1. かん’s avatar

    3DSも8.1.0-19Jに更新したようですが、SSSpwnはどうなってるのでしょうかね…

  2. mamosuke’s avatar

    今のところ情報は出て来ていません。

  3. goota’s avatar

    Vitaの古いファームウェアを維持したままデータ転送を行いたい場合は、
    openCMAやQCMAを使うのが必須なのは分かるのですが、Vita本体側も、
    Wifiを切って本体が新しいファームウェアを検知する事が無いようにする事が、
    必須だったのでしょうか?
    自分は3.15からアップデートしなければいいと安易に考えておりまして、
    Wifiオン+アップデート自動DLにしていました。
    現在3.15からアップデートはしていませんがQCMAを使用してもアップデート要求で
    データ転送が出来ない状態です。
    MyStylistの時からVHBLに触れたばかりでして、今後の為にお知らせ頂けたら幸いです。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">