PlayStation 4 システムソフトウェア バージョン1.75





SCEJAが、PlayStation 4のシステムソフトウェア バージョン1.75を公開していました。

先日お伝えした通り、Blu-ray 3Dの再生に対応すると発表されていたPS4のシステムソフトウェアアップデート1.75の公開になります。

前バージョンである1.74のリリースからわずか1週間でのアップデートになります。だったら始めから1.74をすっ飛ばして1.75だけにしておけばいいのに、とは思います。1.74だけでも公開しておきたい理由があったのでしょうか。

公式発表での変更点は以下のようになっています。

バージョン1.75で更新される主な機能

・Blu-ray 3Dの再生に対応しました。
・Blu-ray DiscやDVDを1.5倍速で再生しているときの音質を改善しました。
・画面右上に表示されていたシステムメッセージが、画面左上に表示されるようになりました。
・[設定] > [システム] > [自動ダウンロード/アップロード] に [おすすめコンテンツ]が追加されました。
この設定を有効にすると、PS4の電源が入っているときやスタンバイモード中に、PlayStation Storeのおすすめコンテンツを自動でダウンロードします。スタンバイモード中にダウンロードするには、[設定] > [省電力設定] > [スタンバイモード中の機能を設定する] > [インターネットに接続する]のチェックが付いている必要があります。

逆に動作の安定性と言ういつもの文言がありません。

XMLファイルに書かれている情報から、以下のことが分かります。ビルドされたのは2014年7月27日、強制アップデート扱いです。1.74の公開が7月22日でしたので5日後にビルドされていることが分かります。

level0_system_version=01.750.000
level1_system_version=01.750.000
system_pup label="1.75"
"01.750.000

1.74で不具合が見つかったか、1.74を一日でも早く公開したかった以外に1.75をこのタイミングで公開した理由が見つかりませんね。

Tags: , ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">