近日中に3DSシーンにブレイクスルー登場か smea氏 SSSpwnの新たなエントリーポイント発見でHomebrewローダー実用化へ





ツイッターで、smea氏が3DSに関して近日中に何かを発表することを示唆する発言をしていました。(yyoosskさん情報ありがとね)

smea氏と言えばDS Profile exploitを3DS 6.3で実行可能にした新exploit SSSpwnを発見した人物で、Flashcartを使わず3DS本体だけで実行できるHomebrew『yeti3DS』も発表しています。そのsmea氏が発表する”3DSに関する何か”とは一体何なのでしょうか。

smea氏の発言はこうでした。

btw : glad to be able to say that I’ve gotten back to doing some 3DS work and we’ve actually made good progress. expect *something* soon-ish
ところで…これ、発表できるのはうれしいよね。3DSであれこれやってたけど、大きな進展があったんだよ。近く*何か*を発表するからお楽しみに。

3DSに関する大きな進展。SSSpwn。Homebrew。この3つのキーワードから導き出される答えはFlashcartなしでHomebrewを実行できる3DSのHomebrewローダーではないかと考えるのが自然ではないでしょうか。

実はsmea氏は詳細については特に語っていませんが、彼のツイートを追いかけて行ったところ、以下のことが分かりました。

Gateway 3DSでは3DSの4.5以下でしかProfile exploitを発動できませんでしたが、smea氏のSSSpwnでは6.3まででProfile exploitを有効化できていました。そして今回7.xで利用できる新たなエントリーポイントを発見したためSSSpwnは3DSの7.xで任意のコードが実行できるようになったそうです。

最新ファームウェアである8.0では未テストだと言っていますが、そもそも8.0ではProfile exploit自体が対策されたはずなので動作しないはずです。しかしながらsmea氏は8.0でも動作するはずだと主張しています。このあたりの状況は彼のツイートだけでは把握できません。

具体的にどのような方法で何ができるのかについてが最も気になる内容ですが、これからローダーを作るという発言がありますので、Homebrewローダー(バックアップ起動のためのバックアップローダーではないと思います)を準備しているものと思われます。

そのHomebrewローダーですが、3DS本体に何かを恒久的にインストールするような方法ではないようですのでSDカードに何らかの仕掛けを作るのではないでしょうか。

ただし気になる点が一つ。

SSSpwnの実行にFlashcart(3DSモード/DSモード共)は不要と言い切っていますが、ゲームが不要とまでは言い切っていないのでゲームカードやダウンロードタイトルがSSSpwnのトリガーとして必要なのかどうかについては不明です。「必要なものに関してはしかるべき時に発表する」とだけコメントしていますので、もしかするとトリガーとなる何らかのゲームは必要なのかもしれません。3DSにはリージョン制限がありますのでもしゲームが必要となると日本版の3DSでSSSpwnが使えない可能性も排除できません。

また、3DSだけでなく2DSでもSSSpwnは実行可能だそうです。

実際ローダーはまだ完成していないようですので公開目前、という状況ではなさそうですが、実は今日になって「素晴らしい進展があったので、リリースが近いのはほぼ確実だ」とコメントしています。近日中に3DSの最新ファームウェアでも実行可能なHomebrewローダーが公開というニュースを後日書けることを期待したいところです。

Tags: , , , ,

  1.  ’s avatar

    PSPで言うと
    userexploitは見つかったから
    hblみたいなの出すよ
    ってことでいいですか?

  2.  おーん’s avatar

    ただ、3DSのバックアップゲームは動かせない可能性が大
    smeaがコピー嫌いだからなあ、おーん。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">