PSPのセーブデータの暗号化/復号化をWindows上で実行できるSED for PC by hgoel0974





wololo.netで、hgoel0974氏がPSPのセーブデータを暗号化/復号化するHomebrewであるSEDをWindows PC上で実行できるようにしたコマンドラインユーティリティSED for PCをリリースしていました。

PSPのセーブデータexploitを探す際に、あるいはHello WorldやVHBLのセーブデータへの実装時に必ず必要になるのがセーブデータの復号化(暗号化されたデータをHEXエディタで改変できるようにするために元のデータに戻す)や復号化(改変した後のセーブデータを暗号化してPSPで読み込めるようにする)です。

SEDのいうPSP向けのHomebrewはゲームのGamekeyを用意するだけで簡単にセーブデータを暗号化/復号化できるため、セーブデータの改造に今でも利用している方が多いのではないでしょうか。私も利用しています。

現在はPSPのエミュレータがかなり実用的になってきたためPSPエミュレータでセーブデータexploitを探すことも可能にはなりましたが、PSPエミュレータ内でしか作業できなかったPSPのセーブデータの暗号化/復号化プロセスだけを単体のアプリケーションとして独立させたのがSED for PCになります。

使い方は以下のようになっています。GUIではなくコマンドラインで利用しますのでコマンドプロンプトを起動させてコマンドを入力することになります。


sed -e [Input File] [PARAM.SFO] [Output File] [Game Key File]

sed -d [Input File] [Output File] [Game Key File]

SEDコマンドの “-e”は暗号化オプション、”-d”は復号化オプションです。

その他のオプションは以下です。
[Input File] 暗号化/復号化したいファイル
[PARAM.SFO] PARAM.SFOのファイルディレクトリ(未実装機能ですが今後ハッシュが更新される予定)
[Output File] 保存するファイル名
[Game Key File] Gamekeyのフルパス

以前も書きましたが、私の愛機は初代IntelMacのCoreDUOのためもろもろ条件が整わずSEDも試せていません。そこで思い切って良い出物があったのでWindows 7マシンの中古を購入してしまいました。まだセットアップできていないので暇を見つけて試してみたいと思っています。

しかし、こんなマシンでできるんでしょうか…F-07C LOOX…

>F-07C

Tags: ,

  1. 雑魚’s avatar

    せめてICONIA W3-810とかにしましょうよwwww
    後別にMacでもWine辺りで何とかなりますし

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">