Gateway 3DS 次期アップデートでNANDバックアップ、ゲームカートリッジバックアップ、診断機能を搭載





PS3Crunchで、Gateway 3DSチームがニンテンドー3DSのバックアップ起動ができFlashcart Gateway 3DSの次のアップデートで実装する進化機能を予告したことを伝えていました。

現時点でニンテンドー3DSのバックアップはGateway 3DSのみが実現できていますが、Gateway 3DSチームは次のアップデートで新たな機能追加を計画していることが明らかになりました。

Gateway 3DSチーム自身が「Gateway 3DS v2.0の大型アップデート」と呼ぶ次期v2.0アップデートで追加される機能は以下のようなものです。

  • 3DS本体のNANDバックアップ機能
  • オンスクリーン診断機能

おそらくDSモードでの起動画面が変わりました。v1.3cのバージョン表記ですが最新版はv1.2ですので、これがv2.0として公開されるものと思われます。
メニューは
「BOOT GATEWAY MODE」(通常のGateWay起動モード)
「BACKUP CONSOLE NAND」(3DSのNANDメモリーバックアップ)
「BACKUP 3DS GAME CARTRIGE」(3DSゲームのバックアップ)
「DIAGNOSTIC」(診断機能)

Gateway_3DS_main

NANDバックアップ画面です。現状では将来のためにNANDバックアップができる、程度ですが、書き戻すことができるようになれば「いつでも元の状態に戻せる」ようになるかもしれません。もしカスタムファームウェアなどが登場したとすると、元に戻せるという安心感にはNANDのバックアップが必須です。

Gateway_3DS_Back-up

診断画面、いわゆるテストモードのようなものです。開発向けの内容のようですのでエンドユーザー向けではないと思われます。

Gateway_3DS_diagnostic

こっそりと3DSカートリッジのバックアップ機能が付いています。カートリッジは1枚しか入らないのでどうやってバックアップするのかは不明ですが、Gateway 3DSだけでバックアップができるのであれば非常に有用です。

Gateway 3DSチームは今回のv2.0機能予告発表を2回に分けて実施するつもりのようで、今回が2回のうちの1回目としています。今回公表された以外にも機能向上があるのであれば非常に楽しみです。

ところで、3DSモードではなくDSモードでこれらの機能が動いているのであれば、Gateway 3DSでなくても動かすことができる?

Tags: , ,

  1. 173210’s avatar

    これがDSモードで動いているとは。驚きました。
    どうやらGateway InstallerはただSPIにアクセスしてDSモードのファームウェアを書き換えるだけではないようですね。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">