PS4後方互換を担うPS3ゲームのストリーミング配信サービス 2014年にアメリカから開始

Edgeで、SCEワールドワイドスタジオプレジデントの吉田修平氏がPlayStation 4で買収したGaikaiのクラウドゲーミング技術を利用しPS3のゲームをPS4とPS Vitaにストリーミング配信すると語ったことを伝えていました。

東京ゲームショウ開催に合わせて設定された共同インタビューの中で、吉田修平氏はクラウドゲーミングを利用したストリーミングによるゲーム配信をPS4、PS3、PS VitaとPS Vita TV向けに来年2014年からアメリカを皮切りに始めると明言しました。

「我々はまずアメリカでクラウドサーバーでPS3のゲームを配信することを計画しています。PS4向け、PS3向け、PS Vita向け、そして先日発表したPS Vita TV向けです。その後徐々に対象地域とコンテンツを増やしていきます。配信するコンテンツについては、最初はまず既存のPS3ゲームになりますね。」

PS3は今でも通用する良質な作品が多いですし、PS4が発表された今も魅力的なゲームの発売が続いていて”旧型ゲーム機になる型落ち”という印象が正直に言ってあまりありません。そんなPS3のコンテンツをクラウドサービスとしてPS3やPS Vitaなどでプレイできるのであればかなり魅力的なサービスになります。

残念なのはアメリカからスタートすることですが、日本や欧州を含め、アメリカ以外に地域での開始時期に付いての情報はありません。更に日本でのPS4発売は来年の2月と遅いので日本でのサービス開始は一番最後になってしまう可能性があります。

後方互換がないPS4に事実上の後方互換性を持たせるという意味合いに加え、少なくともPS VitaでPS3のゲームをプレイできるという”リモートプレイ”ライクな遊び方はかなり需要がある内容だと思いますので、できるだけ早くサービスを開始することがPlayStationブランドの市場での評価向上に繋がることと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


『PS4後方互換を担うPS3ゲームのストリーミング配信サービス 2014年にアメリカから開始』へのコメント

  1. 名前:るりるり 投稿日:2013/09/21(土) 16:56:33 ID:80ec9faf5 返信

    Vitaにも…ということは、Vita TVにも…でしょうね。
    ※PS4との連携が必須でなければ…ですが。

    Vita(VitaTV)単独で……なら解像度がやや不満(ネック)ですが、(ユーザー側での)消費電力の低さ(&静かさ)も売りになるでしょうね。

    • 名前: 投稿日:2013/09/21(土) 17:38:38 ID:f3b106c1c

      解像度もそうだけど日本の家庭事情で2.4Ghz無線LANしかつんでないVitaがPS3ソフトのストリーミングに耐えれられるかどうか