PS Vita Skim(PCH-2000)の初期ファームウェアは2.60





2013年10月10日に発売されるPlayStation Vita Slim (PCH-2000)の初期ファームウェアは2.60のようです。初期ファームウェアは工場出荷時の設定ファームウェアバージョンですので、将来もしPS VitaがダウングレードできるようになったとしてもVita Slimの初期型は2.60しかダウングレードできないことになります。当然現時点ではePSP(PSPエミュレータ)でのカーネルexploitはありませんし、日本版のゲームで動作するVHBLも存在しないことになります。

新型Vita Slimは現時点では日本向けのみ発売が発表されています。一部店舗でデモ展示がされているようですが、来週から千葉の幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2013で実機がプレイアブル展示されるのは間違いないでしょう。

プレイアブル展示であれば見るだけで分かるVita Slim PCH-2000の搭載ファームウェアですが、The Z氏がツイッターで写真を公開してくれました。

搭載ファームウェアは2.60となっています。

Vita_PCH2000_2.60

PCH2000_OFW_2.60

最新ファームウェアは2.61ですが、Arcade exploit対策された以外は2.60そのものですので事実上最新ファームウェアが搭載されていると考えて良いでしょう。

とりあえずVHBLが動くのかどうか、というよりePSPの環境がPSPそのものでCMAによるデータ転送に対策が施されているのかどうかが気になるところですね。

Tags: , ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">