SCEJA Press Conference 2013 新型Vita発表 PS4発売は2014年に





9月9日(月) 15:00 より開催された『SCEJA Press Conference 2013』で、ソニーは噂の新型PlayStation Vita PCH-2000シリーズを発表しました。また海外では北米で11月15日、欧州では11月29日と発表されていたPlayStation 4の日本国内での発売日を2014年2月22日(土)の大安と発表しました。相変わらず大安吉日を選択するソニーに安堵するものの、今までは海外発売に先駆けて日本で発売されていたPlayStationシリーズが海外から3か月遅れでの発売となったことに少々落胆しています。そういえば発売当初鳴かず飛ばずだったニンテンドー3DSが2月発売でしたね。

新型PlayStation Vita PCH-2000

盆開けにお伝えした「新型PlayStation Vita “PCH-2000″ 6.3インチディスプレイ採用でTGS前に発表?」の記事では、新型PS Vitaを次のように伝えました。

ソニーは新型PS Vitaモデル。東京ゲームショウの前の9月に発表する

新型Vitaの型番はPCH-2000

ディスプレイはサムスン製6.3インチで、現行モデルの5インチより大型化するも、解像度は960 x 554ピクセルのまま

搭載RAMが512MBから1GBに倍増されるも、現行モデルとの互換性保持のためゲームが利用できる容量は変わらず。バックグラウンドで起動するアプリケーション数が増加

PS4と同様の系統のデザインで、新タイトルと同時に発売

謎の”東京経済新聞”ソースの噂はある意味正しかったと言えますが、スペックに関しては全く別でした。「5インチディスプレイには、高精細の液晶ディスプレイを採用」して、ハードウェアとしいてのディスプレイの変更こそあれどサイズはそのままです。また、搭載RAMが倍増の1GBというのもメインメモリとしては512MBのままで、全容メモリーカードに相当する「1GB内蔵メモリーカード」が新たに搭載されました。要は別途専用メモリーカードを購入しなくても困ることはなくなったのです。

本体カラーもブラック」「ホワイト」「ライムグリーン/ホワイト」「ライトブルー/ホワイト」「ピンク/ブラック」「カーキ/ブラック」の全6色でカラフルになりました。全てWi-Fiモデルですが、3G/Wi-Fiモデルについては現行モデルが継続販売です。

2013年10月10日発売で、価格は19,929円(税込)。従来より20%薄く、15%軽くなりました。通称は”PS Vita Slim”とでも呼びましょうか。ちなみに余談ですが、消費税が上がるとVitaは2万円超えます。

また、海外では値下げされたものの日本では価格改定がなかった、高額で悪評高きVita専用メモリーカードも値下げが発表されました。2013年9月10日(火)から価格改定です。(価格は税込)

    4GB:2,200円 -> 1,554円
    8GB:3,200円 -> 2,079円
    16GB:5,500円 -> 3,969円
    32GB:9,500円 -> 6,804円

それでもmicroSDカードと比べるとまだまだ高いですね。

そして、最大容量が32GBだったメモリーカードラインナップに64GB版が追加されることになりました。発売は10月10日で10,479円(税込)です。

Playstation 4は2014年2月22日発売 41,979円(税込)

海外では年末商戦向けに今年の11月に発売されるPS4は、日本では3ヶ月遅れて来年の2月発売となりました。歴代PlayStationシリーズに倣っててっきり日本が先に発売されるのだと思っていました。2月22日は土曜日の大安です。そこだけは歴代Playstation発売日に倣ってます。

41,979円という価格もちょっと高く感じますが、税抜きだと39,980円です。消費税8%になると43,178円に、10%になると43,978円になります。なんだか高いなぁと思ってしまいますね。

また、PlayStation Camera同梱版も46,179円で発売されます。

PS4は年末商戦向けと日本語でプレスリリースを出していたのは海外向けでした、というオチにかなりがっかりです。Xbox Oneも年内発売されませんから、今年の年末商戦時期にはWii Uしか次世代ゲーム機がないということになります。

伏兵登場 歴代最小PlayStation、PS Vita TV 11月14日発売

予想外の新製品がカンファレンスで発表されました。据え置き型PS Vitaと言ってもいいPS Vita TVです。

PS Vita TVにはPS Vitaカードスロットがあり、Vita専用タイトルの他PSPのダウンロード版(ということはVHBLも動きますね)をテレビに出力して楽しむ新型ハードウェアになります。

コントローラーは別売りで、DUALSHOCK 3が別途必要になります。将来のアップデートでPS4のリモートプレイに対応する他、DUALSHOCK 4もサポートされます。

リモートプレイに対応すると、PS Vita TVを核にしてホームエンターテイメントを構築できそうです。

2013年11月14日(木)発売で、価格は税込みでも1万円を切る9,954円とかなり安価です。DUALSHOCK 3とメモリーカード8GBをセットにした「PS Vita TVバリューパック」も14,994円で発売されます。

据え置き機好きの海外向けかと思ったら、SCEワールドワイドスタジオ プレジデントの吉田修平氏によると、発売が告知されたのは現状日本向けのみだそうです。

ただし、PS Vita特有のタッチパネル(背面タッチパッド含む)の操作がDUALSHOCK 3ではできませんので全てのPS Vitaタイトルがプレイできる訳ではありません。DUALSHOCK 4ならある程度サポートできそうな気はしますが、特に発表はありません。

2DSとかPS Vita TVってどこ見ているのでしょうか

今回のカンファレンスで一番ガッカリしたのはPS4の来年発売ですが、最も驚いたのはタッチパネル操作を売りにしていたPS Vitaでタッチパネル操作を省いてついでに要らなくなったディスプレイまで省いてしまったPS Vita TVです。

価格を下げるために、売りだった3D立体表示まで捨て去ったニンテンドー2DSと同じ考え方に立った製品としか思えません。

記事ではPS Vita TVを新製品として紹介しましたが、個人的には廉価版を出して来ただけだと思っています。そもそもPS VitaにHDMI追加すれば同じことができると思いますが、それではコストアップに繋がるだけなので思い切って単価の高い部品バッサバッサ切り落としてコンセプトをそれらしくでっち上げました、といったところでしょうか。

2DSもPS Vita TVも当初の志は二の次にしてユーザー受けを狙った製品としか思えません。3Dでこそ楽しいゲームや、タッチ操作でこそ熱中できるゲームを開発者に考えさせる一方、ハードウェア側でそれを無視する姿勢を示すのはいかがなものかと思います。

Tags: , ,

  1. とり’s avatar

    PS4の発売日はビックリしましたね
    要するに国内メーカーの製作が全然追い付いていないという話なんでしょうけど、それはPS3やVitaとのマルチを選択して開発が長引いてるのが原因じゃないのかと…
    作る側のリスク回避の影響をユーザー側がとばっちり的に受けるというのもなんだかなぁという感じで微妙ですね
    年末商戦もお年玉商戦も全てPS3とVitaに任せスルーして「ソフトの充実」を優先した流れが今後どう現れるのかが気になります

    2DSは立体視の必要性や特許関連?の考慮、何より3DSを持っていない層にも強く訴求する為に売り出しているハードでしょうからね
    VitaTVは以前「プラットフォームの境目を取り除いていつでもどこからでもPSをプレイ可能としたい」とアンドリューハウスが言ってたので、その一環として投入するハードなんだろうとは思いますが…どうしてもキワモノ感が拭えないですねぇ
    Androidに対してPlayStationOSで出来る事の幅というのがどうしても大きく限られていますし、スマホゲー全盛の現在において、「Vitaのゲームが出来る」というのがどこまでの強みになるのか…しかも純粋なゲーム機能すら劣化してますし

    ともかく、両方共「現行ハードも併売」という時点であくまでサブ扱いなのは間違いないですけれども
    気づいたらバーチャルボーイやPSPgoの様に消えてましたなんてならない様に頑張って欲しいです

  2.  ’s avatar

    VITATVはニコ生主に売れるよ。
    VITA本体に外部出力付かない限りはね。
    私は右スティック解禁した据え置きPSPGoとして歓迎するよ。
    できればアドパに素で対応(できればキーボードも)して欲しかったけどね。
    Apple TVや他社のスマートTVボックスとの対抗馬としてなら
    アーカイブスは魅力的では。(クラッシュとかサルゲッチュとか)
    あとはこのPS4の妥当な価格ですら高いと文句言う人に売るとか?

  3. るりるり’s avatar

    (超)低消費電力&静粛なのは利点ですしね……

  4.  ’s avatar

    VITATVは「少しVITAのゲームもできるSTB」って見かたしてる人結構いるな
    VITAとしてみるからどこ見てるか分からなくなるだけでSTBとして見れば一般人にも意外と需要あるかもよ?

  5. mayataka’s avatar

    VITATVにECFWが導入できれば・・・他に言うことなしです。

  6. るりるり’s avatar

    色々叩いている人も多いですが、特化したヘッドマウントディスプレイ&コンテンツ(FPS?)があれば、掌を返す人が続出でしょうな。

    モバイルバッテリーとかでの駆動も楽でしょうし……

    携帯機みたいなMODの必要もないですよね。
    HMDにドッキングもできるだろうし、FPSとかならホルスター型キャリングケースとかも……

    HMDとなら、他にも楽しみは広がりそうですよね。

  7.  ’s avatar

    USB端子がAタイプだし実質的にOpenCMAは塞がれているようなもんさ
    ネットワーク関係の機能も使えなくなるし、
    FTP転送が速くなるというメリットこそあるものの
    VITATVにCEFを入れるならかなり敷居は高くなるだろう。
    VITATVにCEF入れるくらいならPSPGoにremotejoylite,Motionjoyで
    パソコン画面でやった方がいいのでは?
    Motionjoy側で右スティックにPOV割り当てればMHP系も楽ちん

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">