実は日本村八分だった! qwikrazor87氏の2.12 VHBL ゲームタイトル『Gamocracy One: Legend of Robot 』





wololo.netで、PlayStation Vita最新ファームウェア2.12のePSP(PSPエミュレータ)上で動作するPSPのHomebrewローダーVHBLに利用する、セーブデータexploitのあるゲームタイトル名を一般公開していました。ゲーム名は『Gamocracy One: Legend of Robot』です。

前回の2.06向けexploitタイトルは『Apache Overkill』でしたが、US/EU版のみで残念ながら日本版がありませんでした。

今回の2.12向けexploitタイトルの『Gamocracy One: Legend of Robot』はUS版(とAU:豪州版)しかないことが事前に公開されていました。日本の皆さんは最初から興味がなかったのではないでしょうか。

ところが、ここにきて我々が地団駄を踏む驚愕の事実が明らかになりました。

なんと、US版しかないと言われていた『Gamocracy One: Legend of Robot』には実はEU版が存在していたようなのです。

ということは、ないのは日本版だけだったということになります。

実は/talkフォーラムメンバー向けに数週間前からニンジャリリースが行われていたため、ゲーム名はメンバーにはかなり前から伝わっていました。にもかかわらず、ゲーム名一般公開直前までそれが分からなかったのかが不思議です。

これはおそらくwololo氏が「US版しかない」と言っていたので(ロシアでも買えるらしいです)誰もまさかEU版にあるとは思わなかったので調べもしなかったというのが最も大きい理由でしょう。もちろんヨーロッパに住むユーザーは『Gamocracy One: Legend of Robot』が本当にストアにないかどうかくらい検索はしてみた人はいたはずです。実はそれだけでは実は販売されていたことに気が付かない可能性があるというトリックが潜んでいたのです。

事実、PS VitaでEU版ストアを閲覧しても実は『Gamocracy One: Legend of Robot』は出てきません。なんと、PS VitaではなくPCでストアを検索すると『Gamocracy One: Legend of Robot』が出てくるそうです。(調べたらUK版のサイトにPlayStation Network/ PSN Games/ Gamocracy One: Legend of Robotというダウンロード版としてゲームのパージがありました)

当然購入できるから検索で出てくるのでEUリージョンのユーザーは『Gamocracy One: Legend of Robot』をストアから購入できます。ここからが不思議な話で、PCで購入してもPS Vitaには転送できず、PS3からなら転送できるというのです。これでは確かに気が付かなかったのも納得です。

ちなみに、この件についてThe Z氏はwololo氏に次のように報告しています。

PCだと確かに買えるね。でもそれだとVitaのダウンロードリストに出てはくるけれどVitaにはダウンロードできないって言われる。

PS3でダウンロードしてPS Vitaに転送してやると動くっぽいよ。

PS3でも直接購入できたと言う報告もあるようです。ちなみに日本で同じようなことがあるとラッキーなのですが、私が調べた限りそんなラッキーは存在しませんでした。

ということで、US版だけだから〜と興味を示せなかったものが実は日本村八分だったという残念なお話でした。どうせならコミュニティのコンセンサス事項として始めから全リージョン対応でVHBLを移植できたものだけ公開するように考えてくれれば良いのですが…日本のコミュニティではそういう風潮なんですけどね。

なお、今回のGamocracy One: Legend of Robot exploitでVHBLを使いたい日本のユーザーの皆さんは、USまたはEUアカウントでログインするための専用PS Vitaを用意すれば可能です。私は2台Vita持ってますが、なにかと不便で面倒なので日本のアカウントでしか使っていません。個人的にはVitaでのアカウント切替(初期化が必要)も含めておすすめしません。

Tags: , , ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">