ニンテンドー3DS システムバージョン6.1.0-12J





任天堂が、ニンテンドー3DSの本体更新を行うニンテンドー3DS システムバージョン6.1.0-12Jをリリースしていました。

公式発表による変更点は

6.1.0-12Jへの更新による主な変更点

●システムの安定性や利便性の向上
より快適にお楽しみいただけるよう、システムの安定性や利便性を向上いたしました。

となっているだけで、詳細が全く不明です。

6.0.0-12Jがリリースされたのは6月18日ですので、前バージョンから僅か10日後のアップデートとなります。開発期間とデバッグ、テスト期間を考えると、6.0.0-12Jリリース後に発覚した不具合の修正とみて間違いないでしょう。現にバージョン表記が12Jのままです。

さて、恒例のFlashcart対策状況ですが、さすがに12Jとバージョンがほとんど変わっていませんので

Pongs Updatesを見る限り新たに対策されたというFlashcartはなさそうです。

ちなみに動作が確認されているものは

    Supercard DSTWO – 要ファームウェア 1.20
    R4iGold 3DS / RTS (Revision 9, A & Cのみ) – 要ファームウェアアップデート及びハードウェア改造(Revision Cのみ要回路カット)
    R4iDSN 3DS -(Revision 9, A & Cのみ) – 要ファームウェアアップデート及びハードウェア改造(Revision Cのみ要回路カット)
    Action Replay DSi (codejunkies.com) – 用途にファームウェアアップデート
    2013 R4isdhc Dual-Core – 要非公式パッチ

結構少なくなっています。

そもそもアップデートを放棄してしまっているメーカーが多いせいもありますけどね。

Tags: , ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です