Gateway 3DSはシステムバージョン6.0.0-12Jで既に対策済みだった

GBATempで、ニンテンドー3DSのバックアップが起動するという”マジコン” Gateway 3DSが先日リリースされたシステムバージョン6.0.0-12Jで既に対策されていたことを伝えていました。

ニンテンドー3DSのバックアップ起動ができるFlashcart いわゆる”マジコン”として世界で初めて発売を告知したGateway 3DSですが、先日リリースされたニンテンドー3DS システムバージョン6.0.0-12Jでひっそりと対策されていたようです。

「システムの安定性や利便性の向上」という変更点に含まれていたのですね。

この話は、「Gateway 3DSが6.0.0-xxで対策されたと聞いたんですが、本当ですか?」とメールでGateway 3DSチームへ質問したユーザー宛に、Gateway 3DSチームから次のようなメールの返信が届きました。

現時点ではファームウェア6.0.0-xxには非対応ですが、出来るだけ早く対応するべく目下作業中です。

ですから、6.0.0-xxに対応できたと告知するまではアップデートしないで下さい。

まだGateway 3DSは一般には出回っていないはずなのに対策されたとすると、考えられる理由は以下の3つです。

任天堂が事前にGateway 3DSを入手(提供した人物がいるということです)したか、DSのFlashcartの対策で副次的に対策されたか、任天堂が6.0.0から今までとは異なる何らかの根本的な対策を施したか。

こう言ったことはイタチごっこになるのが関の山ですので、仮にGateway 3DSチームが6.0.0に対応できたとしても今後のファームウェアアップデートで同じことが繰り返されるでしょう。

今回の6.0.0-xxではセーブデータのバックアップ機能が追加されましたが、そういった魅力的な機能追加があるとアップデートしないという選択肢は取りにくいものです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


『Gateway 3DSはシステムバージョン6.0.0-12Jで既に対策済みだった』へのコメント

  1. 名前:るりるり 投稿日:2013/06/23(日) 22:04:40 ID:cabe09fcd 返信

    まぁ、ソフトによってはバックアップ取れないですけどね。
    プロセスにこそ入れても『バックアップするデータがありません』旨のが出たりします。

    確認したのは『本編引き継ぎ』の出来る体験版にてですが、
    同様の処置をするソフトはあるでしょうね。
    オンライン要素のあるソフト(ポケモン)だとか……

    新世界樹はどうなるのかな…
    普通にバックアップ→書き戻しの出来る構造なら、DL版も入手しようかな…

    あ、6.xxの「システムの安定性や利便性の向上」を突破したチームはあるようですね。
    『近々パッチリリースするよ~』なメッセージを出してたりします。
     ※もちろんDSカード系(DSi / 3DS対応)のやつですけどね。

  2. 名前:かなだ 投稿日:2013/06/24(月) 21:31:32 ID:995601ecc 返信

    「セーブデータ」と「追加データ」の2種類あるのがね。
    (さらに「追加コンテンツ」もある。)
    どんな使い分けをしているのか知りませんけど
    (任天堂の指針がある?あるいは好き勝手に決めてる?)
    万能に活用できる機能では無いですね。