3DS用ゲームのセーブデータをパソコンで編集できるCYBER セーブエディター 5月29日発売予定





読者の方から5日前にメールをもらってました。ちょっと忙しくて(いつものことです)放置してましたが、時間ができたので記事にしてみます。

メールにはこのように書かれていました。

「??? ハックされたんですか?」

一緒に書かれてたリンクはこれでした。

サイバーガジェット『CYBER セーブエディター (3DS用)

WindowsXP/Vista/7/8に対応したセーブデータ改造ツールです。え?改造?

CYBER_SaveEditor_for_3DS

製品には「ゲームカードリーダー」と「USBケーブル」が付属しています。「ゲームカードリーダー」は3DSのゲームカードを読み書きできる、つまり「ゲームカードリーダー」を「USBケーブル」でWindows PCと繋いで、セーブデータをゲームカードから読み出して復号、データを書き換えたら再び暗号化してゲームカードに書き戻すことができるようです。

つまり、

・3DSのゲームカードの読み込み及び書き込み
・3DSのセーブデータの抜き出し
・3DSの暗号化されたセーブデータの復号化および再暗号化

が『CYBER セーブエディター』で実現してしまったことになります。

いや、実はゲームカード内で暗号化されて保存されているのか知りません。多分それくらいのセキュリティは施してあるでしょう。

最も驚くべきことは、PC経由でゲームカードの読み書き自在、というところです。個人的にはチートに全然興味ないので『CYBER セーブエディター』でできることにも興味ないんですが、どうやってそれをやっているのかには興味津々です。

Tags: , ,

  1. るりるり’s avatar

    価格はアレだけど、バックアップ環境としては興味あるかな。

  2. ななしん’s avatar

    プロアクからも似たようなの出ますね。
    http://www.datel-japan.co.jp/lineup/japanese/par/3dsparsave/index.html

  3. 173210’s avatar

    デバッグができないのでかなり困難ですが、これでExploit探しができることになりますね。

  4. mamosuke’s avatar

    とりあえずサイバーガジェット謹製アプリからしか書き換えできないので、仕組みさえ分かればいろいろできるかもしれません。でもデバッグ環境ないと意味ないですね。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">