The Z氏のVHBL 残念ながら日本版なし





ツイッターで、The Z氏がPS Vitaの最新ファームウェアであるv2.11でも動作確認されているVHBLについて、リリース準備ができていることと共に、利用しているゲームの日本版が存在しないことを明らかにしました。

The Z氏の発見したあるゲームのユーザーモードexploitを利用したHomebrewローダーVHBLですが、Homebrew起動の互換性向上のための作業が完了しようやく完成した模様です。

しかしながら、少なくともリリースはもう少し先で、しかも利用しているゲームの日本版は存在しないことがThe Z氏から発表されました。


ソニーはフォルダ機能の追加やブラウザで動画再生とかできるようにしたファームウェア2.1xをリリースしたけれど、次の2.2xではどうするのかの様子見状態。


実はいいニュースもあるけど悪いニュースもあるんだよね。いい方は、VHBLいつでもリリースOKなこと。でももうちょっと待った方が良さそう。


何でかって言うと、2.15とか2.20とかのファームウェアでもっと便利な機能を付けてくると思うんだよね。だから2.1xでVHBL公開はもったいない。2.20まで待った方かいいかな、と。


で、悪いニュースの方だけど、exploitのゲームはアメリカと日本では売ってないこと。残念だけど。


リリースすることはできても、欧州版と豪州版だけってことになる(香港版は不明)。だから今の2.1xで出さないでおこうというのもある。


だからVHBLをリリースするとしたら2.20向けのEU/AU版だけってことになる。2.20にどれだけ新機能が搭載されるかや、その時のVHBLの重要性によるけどね。

全リージョン対応exploitのVHBLが出てこればそちらを優先させそうな雰囲気です。

Tags: , , , , ,

  1. 佐藤’s avatar

    ださないほうがいいね

  2. mamosuke’s avatar

    今回は特にアメリカと日本にないので、もし今後オールリージョン対応版が出るとするならばヨーロッパのユーザー的には余分に一つexploitを消費するので、私も出さない方がいい気もします。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です