PlayStation Vita ひっそりとカラーバリエーションをWi-Fiモデル重視へ





ファミ通.comで、PS Vita(3G/Wi-Fiモデル)のクリスタル・ホワイト、コズミック・レッド、サファイア・ブルーが出荷完了となり、今後はWi-Fiモデルのみの展開になると伝えていました。

3G/Wi-FiモデルもWi-Fiモデルも全部19,980円に値下げした時点で、「こんなの誰もWi-Fiモデル買わないじゃん」と、誰もが思ったことでしょう。値段が一緒なら3G通信とGPSの付いた付加価値モデルの方がいいに決まっています。

迷走した価格設定だと思っていましたが、まさかこんな計画を裏で隠し持っていたとは…

SCEJのPS Vita公式サイトで、クリスタル・ホワイト、コズミック・レッド、サファイア・ブルーが出荷完了欄に突如移動したのが発端です。

PS_Vita_Discontinued_model

それに気が付いたファミ通編集部がSCEに問い合わせたところ、その3色は今後Wi-Fiモデルのみで展開するとの回答だったそうです。

ということは、3G/Wi-Fiモデルは発売当初同様、黒一色となります。値段一緒だけど売りたいのはWi-Fiモデル、発売当初は力を入れていた3G/Wi-Fiモデルはもう売りたくないというSCEの心変わりが見えてしまいました。

確かにクリスタル・ホワイト、コズミック・レッド、サファイア・ブルーの3G/Wi-Fiモデルは限定版の名称が最初から付いていましたが、20時間のプリペイドSIMカード付きなのが「限定」なのだと勘違いしていました。限定だったのはSIMじゃなくて本体の方だったのです。初回限定版が100時間のプリペイドSIM付きで、限定版が20時間のSIM付き。通常版はSIMカード別契約なーんて勘違いさせる仕込みを1年以上前からしていたのですね。完全にやられました。

しかもWi-Fiモデル専用のアイス・シルバーひっそりと出荷完了告知されています。もともと数量限定でしたが発売後1ヶ月で出荷終了するような超プレミアムモデルと化しました。

これで3G/Wi-Fiモデルはクリスタルブラック一色展開になりました。余程3G/Wi-Fiモデルを売りたくないとしかいいようがありません。

3G/Wi-Fiのカラーバリエーションモデルが欲しい方は、今のうちに購入するのが吉です。

Tags:

  1. ハム’s avatar

    右の人気の記事1位が

    PlayStation Vita 新型4G/Wi-Fiモデルへ進化 USBやHDMIまで搭載?
    http://gamegaz.com/2013021310882/

    でワロタwww

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">