E3 Station & PS3 Glitcher by E3 Team





PS3Crunchで、E3 TeamがE3 StationとPS3 Glitcherを発表したことを伝えていました。

ここのところちょっと忙しかったので、なかなか記事が書けませんでした。このニュースはちょっと古い話になります。

E3 Station

E3 StationはE3 Teamが新たに開発・発売する製品で、オプションの拡張基板を入れ替えることでPS3のNANDやNORフラッシュメモリー、ブルーレイドライブと繋げることができるようになっています。

E3 Teamが開発したものですから当然PS3関連製品かと思いきや、実際には「マルチコンソール対応」で、対応ゲーム機はPS3/Xbox 360/ Wii Uといった現行製品のみならず年内発売かとも言われてるPS4/ Xbox 720にも対応するそうです。

[特徴]

    ・ハイパフォーマンスハードウェアアーキテクチャ
    ・大型HDタッチスクリーンによるエージーオペレーション
    ・拡張ハードウェア基板をサポート。カスタム拡張基板でバックアップ起動も簡単。
    ・マルチコンソール対応。PS3/Xbox 360/ Wii Uに加え、今後発表されるPS4/ Xbox 720にも対応
    ・ブルートゥース、Wi-Fi、HDMIインターフェースを内蔵。ブルーレイのバックアップISOやHDインターネットTVなどのHD 1080p出力にも対応。
    ・高品質でお買い得な価格。

一般ユーザー向け製品ではなく開発者向け製品という位置付け(というか、理由付け?)をしており、オープンソースSDKも無償で公開されます。SDKで開発したアプリケーション等は有償/無償問わず自由に配布可能です。 E3 Teamとしても開発を後押しすべくコンテストなども検討しています。

PS3 Glitcher

PS3 Glitcherについては詳細は今後公開となっていますが、PS3 Glitcher単体で完結する製品で、いわゆるXbox 360でいうところのReset Glitch Hackと同等のことが可能になるものです。電気的にハックして非署名コードを実行できる環境が作れます。

これだけの情報では具体的に何ができるのか見えてきませんが、用意されているオプションの拡張基板でおおまかな内容は想像がつきます。

拡張基板

1: E3 NAND Board Kit

2-E3-Nand-and-Nor-expansion-b

E3 NAND Board KitはNAND基板とNANDクリップで構成され、E3 Stationと繋ぐことで機能するようになっています。NAND搭載モデルのPS3でE3 StationとE3 NAND Board Kitだけでダウングレードが可能になります。

2: E3 NOR Board Kit
E3 NOR Board KitはNOR基板とNANDクリップで構成されています。E3 NAND Board KitのNORフラッシュ搭載モデル対応版です。NOR搭載モデルのPS3のダウングレードが可能になります。

また、CECH-3000シリーズとCECH-4000シリーズにも対応する以下の2製品の発売が予定されています。

1: E3 Drive Emu Board

3-E3-DRIVE-EMU-test-board-fro

4-E3-DRIVE-EMU-test-board-bac

E3 Drive Emu BoardもE3 Stationと繋ぐことで機能するようになっています。PSOne/PS2/PS3のバックアップイメージをHDDから起動することが可能です。3000シリーズと4000シリーズを含めた全PS3対応です。

2: PS3 Glitcher

1-PS3-Glitcher-test-board-fro

PS3 GlitcherはE3 Stationとは別の独立した製品で、PS3 Glitcher単独で動作します。E3 Teamは数ヶ月前に実は3000シリーズと4000シリーズでのハックに成功していましたが、製品化のための調整に時間がかかっていたそうです。

3k3yCobra ODEといった光学ドライブエミュレータがこれら登場しようという時期に、PS3 Jailbreak時代の老舗の1つとも言えるE3 Teamからの思わぬ製品の登場に期待が膨らみます。

Tags: , ,

  1. azu’s avatar

    これは欲しいな
    NAND Board Kitだけでダウングレードってところに魅力を感じます
    いつ頃発売ですかねぇ

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">