PS3の光学ドライブエミュレータ 3k3y 最新情報





Facebookで、X360keyチームがPS3の光学ドライブエミュレータ3k3yの最新情報を公開していました。ちょっと残念なお知らせも含まれています。

PS3の光学ドライブエミュレータはブルーレイドライブをエミュレートする基板及びソフトウェアで構成され、例えばUSB HDDにあるバックアップファイルをPS3自身はブルーレイドライブにあるブルーレイディスクだと思って起動させるという仕組みになっており、光学ドライブをエミュレートする動作をすることから光学ドライブエミュレータと呼ばれています。

WiiやXbox 360ではすでに実用化していますがそれらは全てDVDドライブのエミュレートであり、ブルーレイドライブのエミュレートを実現したのは3k3yが初めてです。

2012年12月12日発売が予告されている3k3yですが、発売を目前に控え、最新情報が公開されていました。

    – 最終ハードウェアの確認が今週開始され、開発基板で全てのパーツのテストを実施。不測の事態は発生しない。

    – ビルトインディスクリッピング機能は正常に動作。ただし現時点ではかなり低速である。今後リッピング方法を変更することで高速化を行い、アップデートにて対応することは可能だが、発売までに対応するのは時間的に不可能。そのため発売時の3k3yの機能としてビルトインディスクリッピングは搭載せず、開発中事項として扱う。

    – ソフトウェア、PS3のドライブとUSB経由でPCと接続しゲームディスクのダンプを行うアドオン基板の設計は完了している。アドオン基板は3k3yキットに同梱される。

リッピング機能がないのはイマイチですが、機能から削除したくらいですから余程ひどかったのでしょう。今後の開発に期待です。

Tags: , ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です