イライラ感はPS3の25倍! Wii Uのファームウェアアップデータ なんと5GB





ツイッターで、ビデオゲームジャーナリストのGeoff Keighley氏がWii Uのファームウェアのアップデータは5GBだとつぶやいていました。

GameTrailers TVのプロデューサーでもあるGeoff Keighley氏はツイッターでも本人確認済の認証済アカウントとなっています。

Geoff Keighley氏のインタビュー動画をちょうど見つけました。
httpv://www.youtube.com/watch?v=ru8SkgiY0RI

そのGeoff Keighley氏はツイッターでこのようにつぶやいていました。

Wii Uのファームウェアアップデートはどうも5GBくらいある。ダウンロードに1時間以上かかっても不思議じゃないね。

なんと、アップデータ自体の容量だけで5GBあるとか。そりゃダウンロードに1時間以上かかりますね。

逆に1時間 = 60分 = 60 x 60秒でダウンロードを終わらせようと思うと、必要な回線速度は
5GB=5000MBですから
5000(MB) ÷ (60 x 60(秒)) = 1.39 MB/s = 約11Mbps

イメージ的にはWi-FiのIEEE 802.11bの理論値MAXでダウンロードし続ければ1時間で終わるということです。3Mbpsくらいしか出ないんだよーという回線だと余裕で3時間オーバーです。

なにしろ5GBですから、インストールもそれなりにかかりますね。ファームウェアですからバックグランドでインストールもできないでしょうし。これは大変です。結構ダウンロードだけでも待ってるとイライラするので必ず他事をやるようにしているPS3のアップデータですら200MBありませんのでWii Uのイライラ感はPS3のなんと25倍。Wii UはPS3の比ではありません。

[追記]
Spongによると、実際のアップデータは1GBから1.5GBで、時間がかかっているのはニンテンドーサーバーがしょぼいせいという情報もあるようです。実際の容量はPCで直接サーバーからダウンロードしないと分かりませんが、仮に1GBだったとしてもPS3の5倍のイライラ感です。

[追記2]
米Nintendoの公式サイトによると、アップデートはVersion 2.0.0 Uで、以下の機能が追加されたそうです。

    ネットワーク機能の追加
     ニンテンドーネットワークID作成とリンク機能
     Miiverse
     ニンテンドーeショップ
     インターネットブラウザ
     フレンドリスト
     Wii Uチャット
     通知リスト
     ダウンロード管理
     Wiiシステム転送
     ソフトウェアアップデート機能
     USBストレージデバイス機能

Tags:

  1. Matyapiro’s avatar

    5Gbitかもしれない。

  2. satoshifukusima’s avatar

    こんなデータ量だったら、自分の回線ではダウンロードに7時間半もかかってしまいそう・・・

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です