Wii Uの外部ストレージ SDカードとUSBストレージは扱いがこれだけ違う





ニンテンドーWii Uにはコンテンツを保存するストレージとして以下の3種類が存在しています。
・内蔵ストレージ(Wii Uプレミアムセット:32GB / Wii Uベージックセット:8GB)
・USBストレージ
・SDカード
ニンテンドーWii Uの公式FAQを眺めていて、同じ外部ストレージであるUSBストレージとSDカードには大きな差があることに気が付きました。

対応しているSDカードは

2GBまでのSDメモリーカード、及び32GBまでのSDHCメモリーカードが利用可能です。SDXCについては言及されていませんので非対応だと思われます。

ダウンロード購入したソフトの保存先

ダウンロード購入したソフトは本体内蔵ストレージとUSBストレージに保存できますが、SDカードには保存できません。
本体内蔵ストレージの空き容量が不足した場合には不要データを削除するかUSBストレージを使います。

USBストレージに保存したソフトを他のWiiに差すとどうなるか

USBストレージは1台のWii Uと紐付けされるため他のWii Uでは使用することができません。ソフトをダウンロードしたアカウントごとではなくWii U本体ごとです。逆にWii Uは複数のユーザーで共有できますが、同じWii U本体を使っている限りダウンロードしたソフトも共有可能です。

本体ストレージとUSBストレージ間のデータ移動

移動は可能ですがコピーをすることはできません。

Wii UでのSDカードの用途は

こうなるとSDカードのWii Uでの使い道が不明です。

Wii UでWii専用ソフトやWiiウェア、Wiiバーチャルコンソールソフトを遊ぶときはWiiメニューを起動させて使用します。WiiメニューはWiiに搭載されているメニューそのものですのでSDカードアイコンが存在します。WiiモードではSDカードはWii同様に使えるようです。

WiiソフトをWii Uでプレイする場合、WiiのセーブデータやWiiウェア、WiiバーチャルコンソールソフトをWii Uへ引っ越しすることができます。公式サイトによるとWii Uへの引っ越しには空き容量512MB以上のSDカードが必要と書かれています。

Wii Uの公式ページをくまなく探しましたが、SDカードについて言及されているのはデータの引っ越し機能のみでした。つまり、Wii UでのSDカードの役割はWii機能実行時のWii同様の使い方とデータ引っ越し時の運搬用途のみでありWii Uではほぼ使い道がないようです。

つまり、一般的には同じ外部ストレージであるUSBストレージとSDカードはWii Uに於いては用途が大きく異なり、極論するとSDカードはコンテンツ保存ストレージとしては使えません。まとめるとこんな感じです。

・ダウンロード購入したソフトはWii U本体ストレージかUSBストレージに保存ができる
・ダウンロード購入したソフトはSDカードには保存できない
・ダウンロード購入したソフトはUSBストレージに保存してもダウンロードした1台のWiiでしか使えない
・本体ストレージとUSBストレージは機能的にはイコールである

Wii Uを長く使っていくと32GBでも絶対に不足するのでどちらにせよUSBストレージを使う羽目になると思われます。そうなるとベーシックセットでUSB HDD増設の方が賢い気がしてきました。

Tags:

  1. ツシダ’s avatar

    写真や音楽ファイルといったものを取り込むのが第一義かもしれませんね。

  2. ぼぼ’s avatar

    USBストレージは、書き込み回数の制限があるので、任天堂はあまりお勧めをしていません。
    任天堂ホームページで、動作確認済みのUSBを公開していますので、それを見てからUSBを購入したほうがよさそうです

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です