PS3システムソフトウェア バージョン 4.25が欧州/北米で公開へ PS Plus特典強化





CVGで、PS3のシステムソフトウェア バージョン 4.25 アップデートでクラウドストレージが1GBに強化されると伝えていました。

PS3でクラウドストレージといっても、対象なのはPlayStation Plusという有料会員サービス(30日500円/365日5,000円)の登録者のみです。

PlayStation Plusのサービスには「セーブデータお預かり」「自動ダウンロード」「自動トロフィー同期」などのオンライン特典と、プリープレイやお試しゲーム、割引価格でのコンテンツ購入などの特典があります。このうちPS3規格ソフトウェアのセーブデータをオンラインストレージにバックアップできる「セーブデータお預かり」機能で利用するクラウドストレージが現状の容量150MBから1GB(1024MB)へと拡充されます。

この機能を強化したシステムソフトウェア バージョン 4.25 アップデートは欧州では明日、北米では近日中に公開されるそうです。日本についての情報はありませんが、今まで特定のリージョンだけアップデート公開がされないといったことはないため当然日本でも4.25はリリースされるでしょう。上記以外の機能についての情報は一切ありません。

[追記]
SCEJがシステムソフトウェア バージョン 4.25 アップデートを公開していました。事前情報通りでした。

■ バージョン4.25で更新される主な機能

オンラインストレージに保存できるセーブデータの容量が増えました。この機能を使うには、Sony Entertainment NetworkのアカウントとPlayStation Plusへの加入が必要です。

1つのアカウントで利用できるオンラインストレージのサイズは最大1 GB、保存可能なセーブデータの数は最大1000です。

Tags: , ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です