PlayStation CertifiedなAndroidタブレット WikiPad アメリカで発売





MCVで、PlayStation Certified端末タブレット WikipadがアメリカのGameStopで発売されることを伝えていました。

WikiPadにはAndroidタブレット端末で、ドッキングさせるアタッチメントとして十字キーとボタンが4つ、アナログスティックが左右に1つずつの計2つなどが付いたゲームコントローラーハウジングが付属しています。通常はAndroidタブレットとして使えますが、ゲームプレイ時にはゲームコントローラーハウジングを取り付けることによって大画面でゲームが楽しめます。

wikipad

WikiPadの最も大きな特徴はこのゲームコントローラーハウジングからも分かる通りゲームプレイに重点をおいていることで、PlayStationタイトルをプレイできるPlayStation Certified端末として認定されているだけでなくインターネットストリーミングによるゲームプレイが楽しむGaikaiのクラウドゲーミングサービスもサポートしているようです。もちろんGoogle Playにも対応していますのでタブレットの大画面でゲームが楽しめるタブレット端末です。

タブレットのスペックは、公式サイトによると

    Android 4.1 Jelly Bean
    10.1インチタッチパネルIPSスクリーン(1200×800pixel)
    2メガピクセルカメラ(フロント) 8メガピクセルカメラ(リア:オートフォーカス及びフラッシュ付き)
    Nvidia Tegra 3 T30 1.4 GHz クワッドコアプロセッサー
    1GB DDR2 RAM
    16GB内蔵フラッシュストレージ
    microSDスロット搭載(32GBまでのmicroSDに対応)
    ビルトインバッテリー(取り外し不可)
    263mm x 175mm x 8.6mm (560g)

です。

スペック的には今時のAndroidタブレットという感じです。

発売は10月31日、価格は499ドル(日本円で4万円程度)です。GameStopで販売されることは決まっているようですが、是非日本でも販売してほしいですね。

Tags: , , ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です