Wii U噂再び 今度は11月11日発売で249.99ドル





Nintendo Lifeで、米アマゾンなどにゲームやビデオを卸しているVideo Products DistributorsがニンテンドーWIi Uの発売日や価格などについての情報をサイトに掲載していたことを伝えていました。

Video Products DistributorsではWii Uの発売日と価格について下記の用に表記していたようです。

  • WIIU SYSTEM – GM – 11/11/12 $249.99
  • WIIU SYSTEM W/ – GM – 11/11/12 $299.99
  • WIIU SYSTEM 349 W/ – GM – 11/11/12 $349.99

北米で2012年11月11日(日)にWii Uが発売され、Wii U単体(WIi U GamePadくらいは同梱されているかもしれません)が249.99ドル、何らかの周辺機器ないしはゲームの同梱版が299.99ドルと349.99ドルと書かれています。

日本円で表現した場合、1ドル100円換算される可能性が高いのでイメージ的には25,000円、30,000円、35,000円の3種類Wii Uが存在することになります。

“W/”はWithのことですので同梱版にはWIIU SYSTEM W/ とWIIU SYSTEM 349 W/があることになります。ちょうど50ドルずつ高くなるので5,000円程度のオプションが1つ、ないしは2つ付いてくるということを意味しているのかもしれません。

同梱されるもので最も考えられるのはWii U GamePadです。同梱台数が異なるモデルの可能性があるということになりますが、249.99ドルのモデルが実は見かけ上価格を安く見せるためのモデルでWii U GamePadがオプション扱いになっているという実は誰も買わない客寄せパンダモデルだったりする可能性も否定できません。299.99ドルのモデルがWii U GamePad1台同梱の標準的な構成で、349.99ドルのモデルはWii U GamePad2台同梱というのも考えられない話ではありません。

もっともゲームが同梱されている可能性もあるわけですが…

Video Products Distributorsのサイトを見ると、アメリカの小売店向けのみにDVDやブルーレイ、ゲームを販売する会社で、登録した小売店のみしか利用できないようになっています。取引企業は米アマゾンをはじめ、日本ではほとんどなじみのないMovieStopやOverStockといったところがあるようです。

Video Products Distributorsではアカウントを持っているユーザーのみログインしてサイト内の情報を閲覧できるようになっています。試しにアカウント登録のページを見てみたところ、これから起業しようとしている場合でもアカウントは取得できるようではありますが(実際に登録していないので審査を受けた後にアカウントが発行されるのかもしれません)、一般ユーザーが情報を閲覧できるようにはなっていませんでした。そのためこのVideo Products Distributorsのサイトの情報を誰かがリークさせたことになります。

httpv://www.youtube.com/watch?v=ZRiAVv9Br3Q

Wii Uについては価格も発売日も最近毎日のように色んな噂が飛び交っていますが、面白いのはどの情報も同じ内容のものが存在しないということです。そのため噂が多すぎてどれが本当の情報なのか見極めができません。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です