Wii U 欧州で広告出稿への動きが始まる





GoNintendoで、ヨーロッパではWii Uの広告出稿への動きが始まっていると伝えていました。

アメリカではWii Uの発売は11月の線が濃厚ですが、ヨーロッパでは当初の予定から遅れ12月頭にずれ込むと言われています。

遅れると言っても12月ですから3ヶ月後には発売直前となるわけで時間的余裕が十分あるとは言えません。したがって既に発売に向けた準備は着々と進んでいるはずです。

その準備の中の一つ、広告についてある匿名の人物からGoNintendo宛にヨーロッパでの広告の情報が寄せられたそうです。確認のしようがないためあくまでも噂としてその内容を下記の用に伝えています。

    – ニンテンドーオブヨーロッパがWii Uのテレビや紙面広告の作業を開始した。
    – ある企業が2本のテレビコマーシャルと1本の紙面広告作成の依頼を受けた。
    – 広告はWii Uに同梱される製品やその機能に重点を置いたものになっている。
    – 広告はWiiリモコンプラスとヌンチャクにも焦点を当てたものになっている。

Wiiリモコンプラスとヌンチャクについて広告で言及すると言うことは、それらが同梱されたWii Uの存在を示唆していると言えます。もっとも全てのWii UにWiiリモコンプラスとヌンチャクが入っていても困る人もいることでしょう。私もWiiリモコン+モーションプラス+ヌンチェクは既に4セットもっているため同梱されても余分に余るだけですので困ります。それらを省くだけで少なくとも5,000円は安くなるはずですから逆に悪質な抱き合わせ販売だと感じることでしょう。

こういった話が日本では全く聞こえてこないのは何故なのでしょうか。

Tags:

  1. Matyapiro’s avatar

    でも、4人ではちょっと足りませんよね。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です