Wii Uは3D対応能力を持っている





The Game Sceneで、Wii Uは発売時に3D対応していないが能力は持っていると伝えていました。

任天堂と非常に強い関係があるという、以前にも情報提供してくれたことがある匿名情報筋によると、Wii Uは1080pと60fpsで3Dをサポートしているそうです。

任天堂はニンテンドー3DSで強烈に3Dを推進していますが据え置きゲーム機では3Dに力を入れる(自社で3Dテレビを持つ)ソニーとは異なり消極的な姿勢に終始しているように見えます。

これは任天堂がWii U Gamepadへストリーミングで映像を送信しなければならない仕組みを取り入れ、最大2台のWii U Gamepadを使った場合フレームレートが30fpsになってしまうことも関係しているようです。

Wii Uが理論的に3Dをサポートしていたとしても、売りであるWii U Gamepadと3Dをどう両立させるのかというコンテンツの品質の選択をしなければならない任天堂にとってWii Uでは3Dを捨ててでもWii U Gamepadを活かした方が良いのではないでしょうか。個人的には今でもメガネが必要な3Dはいらないのではないかと思っています。ですから無理してWii Uで3D対応せずWii U Gamepadを上手く活用して欲しいです。

Tags: ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です