ニンテンドーダイレクト 今度は10分尺の鬼トレ紹介





任天堂が、2012年7月18日(水)にニンテンドーダイレクトを放送すると発表していました。

これは任天堂の公式ツイッターで岩田聡社長がつぶやいたもので、今回は1つのタイトル紹介に絞った10分程度の短いストリーミング放送になるようです。

ニンテンドーダイレクトというと、今までは新機種の情報公開や何種類かのゲーム発売計画の紹介など、内容的にゲームショウの情報前出し的な要素が多かった印象ですが、今回は2012年7月28日に発売されるニンテンドーDSが躍進したきっかけになったタイトルの進化版『東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング』の紹介で、今までで一番短い放送尺になります。

岩田社長が東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授にインタビューを行い、その様子を放送するそうです。鬼トレという呼び方で任天堂自ら宣伝し3DS LLと同時発売を企て幅広い年齢層の顧客獲得でシェアの一層の拡大を目論む任天堂の『鬼トレ』の力の入れ方がよく分かりますね。

今後も今回のようにキラータイトルとなり得る場合には短い放送尺でのニンテンドーダイレクトを仕掛けてくるのかもしれません。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です