PS Vita 1.80向けにVHBL全世界同時公開へ 今度は日本版も





wololo.netで、wololo氏がneur0n氏からの情報提供を受け、neur0n氏の発見した日本版ゲームのセーブデータexploitをUS/EU版に移植に協力することにしたと伝えていました。

neur0n氏のexploitは日本で購入した白Vitaで動いていますのでゲームも当然日本版です。同ゲームにはUS/EUの海外版が存在することから全世界同時リリースの可能性が高まりました。

リリース時期は夏に公開予定の初代PlayStation向けタイトルをサポートするシステムソフトウェアver.1.80を待ってからになりそうです。

wololo氏もうなっていましたが、neur0n氏は最近のVHBLの壁だったRAM解放をあっさりと解決してしまったようです。wololo氏も行き詰まっていたそうですし、wolol氏自身現時点でもどうやってneur0n氏がその方法を見つけたのか、どうしてそうなるのかよく分からないそうですが、事実うまく行っていなかった22MB分を解放できていて、きちんと動いているそうです。(ちなみにSuper Collapse 3のVHBLを開発したthecobra氏もメモリ解放の方法で悩んでいたそうです。)

1.80が公開される具体的な日程が公開されていないため時期が分かりませんが、VHBL第4弾はPS Vitaファンお待ちかねのPSOne起動実現を待ってからということですので、VitaをアプデートすべきかVHBL待つべきかはとりあえず悩まなくて済みそうです。

Tags: , , , ,

  1. とり’s avatar

    >neur0n氏は最近のVHBLの壁だったRAM解放をあっさりと解決してしまったようです

    本当凄いですね…PSPの動作をエミュるのに22MB分が新規に開放されるって相当なもんですし
    一部のハッカー達が功名心に囚われて足の引っ張り合いをしてるのを尻目に…
    まさに品川の魔術師(←?

  2. mamosuke’s avatar

    neur0n氏だったらUtopiaも完成されられると思います。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です