初期ファームウェア4.20の新型PS3モデル登場へ トップローディング方式BDドライブとSSDを採用か





TheSixthAxisで、先日リリースされたPS3システムソフトウェア バージョン 4.20での、気が付かない程の小さな変更点があり、その内容からPS3の新型ハードウェアが存在がしているのではないかと伝えていました。

4.11から4.20で行われたのは本当に些細な変更点ですが、新型ハードウェアの登場を示唆している可能性が非常に高そうです。

まず、XMBのディスクのオプション項目で、ディスクにフォーカスして△を押すと表示されるメニューが4.11では”Eject Disc”だったものが4.20では”Remove Disc”になっています。

BD_Disc

日本語表示にすると4.20/4.11とも「ディスク取り出し」で変わっていないように見えますが、英語表記にすると上記のように変わっていることが分かります。

また、XMB上の表示で”Hard Disk(ハードディスク)”となっていたものが”System Storage(本体ストレージ)”に変わっています。

PS3_420_SSD_HDD

ほんの些細な言い回しに過ぎない内容ですが、意味もなくわざわざ表現を変更するものでしょうか。当然意味があるからこそ表現を変えているのだと考えると、EJECTボタンを押してディスクを排出するスロットイン方式から、PS2の後期型やPSPで採用されているようなトップローディング方式(製造コスト削減効果もある)に変更するのかもしれません。そしてHDDではない”System Storage”となるとSSDが思い浮かびます。これらを総合的に判断すると、製造コストを下げてより安価にした(小型かもされている可能性が高い)PS3の新モデルが準備されている可能性があります。初期ファームウェアは当然4.20になるでしょう。

Tags: ,

  1. とり’s avatar

    PS3とかまだ弄る余地あったんですねぇ
    これ以上小型化するとCELLやGPUの発熱を排除し切れずに
    熱が溜まったりしちゃいそうですけど

    外観がnasneぽくなったりして…

  2. あず’s avatar

    HDからSSDにして「製造コストが安くなる」不思議。
    容量激減ならわかるが。

  3. とらきち’s avatar

    >>HDからSSDにして「製造コストが安くなる」不思議。

    過去の事例で見るとクリエイティブが出した4GBMP3プレーヤー3万円でしたんだが
    中身がマイクロドライブ4GBでその頃の市場価格は7万~9万
    しかも分解して中身を取り出せば普通に使えるためその後市場価格は一気にさがった

    独自の供給契約か、はたまた契約時の金額のミスかは知らないが
    「専用」で生産してもらうなら市場価格より安くできるかもしれないね

  4. mamosuke’s avatar

    廉価版という扱いなら過去にも20/40/60GBモデルはあったのでそのあたりのSSDを入れてくる可能性もあるかな、と。

    あるいは製造コストが下がっているはずですのでSSDにしてもトータルでコストを下げられるのかもしれません。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です