Wii Uのゲーム価格を100ドル表記 任天堂が通販サイトにクレーム





GameSpotで、任天堂がWii Uタイトルの価格が100ドルというのは想像に過ぎないと反論したことを伝えていました。

大手通販サイトのAmazonとGameStopがWii Uのタイトル『Pikmin 3』や『New Super Mario Bros.』『Just Dance 4』『Lego City Undercover』を100ドル(およそ8,000円だが、アメリカでの感覚的には10,000円だと思われる)で表記していたそうです。ゲームが1万円(仮に8千円でも)と聞くとかなり高額な印象をぬぐい切れませんが、GameSpotに対して任天堂が「そんな価格は想像に過ぎない」とクレームを入れたそうです。

小売店サイドではわざわざ価格を表記したとWii Uのゲームの価格を100ドルしてもおかしくない(100ドルあれば絶対買える)と見ているのは間違いないことになりますが、任天堂はGameStopに対してこのようにコメントしていたそうです。

「小売店が予約を受付開始し始めたところもありますが、ゲームの価格に関しては公式発表は一切していません。今の価格は想像に過ぎません。今年後半には公式に価格をアナウンスしますので、ウェブサイトの価格表記もそれに合わせて修正されるはずです。」

任天堂はとにかくWii Uについて「高い」というイメージの払拭に躍起になっています。

Tags:

  1. るりるり’s avatar

    Amazonは、
    あり得ないほど高額表示で予約開始→価格保証で価格確定後に徴収(引き落とし)
    で有名なのにね…(^◇^;)
    『面倒なので(?)999.99USDでつけちゃえ♪』なのって結構あったし。

    あ、Amazon(マケプレ)や楽天で3DS LLが予約開始されてたりしますが、
    いつものように『プレミア価格(笑)』が多いですなぁ……
    まぁ、そういうショップはブラックリスト入りさせて以降も使わないようにしたりしてますが。

  2. mamosuke’s avatar

    楽天のプレミア価格はチョット酷いですね。在庫潤沢になってもプレミア付きで売ってるとか尋常じゃないショップありますよね。或いは知らずに買う人が実はいるとか?

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です