怒りの抗議リリース? QuadForce v 0.1 FINAL by crediar





ツイッターで、crediar氏がTriforceのゲームをWiiのSDカードから起動することができるエミュレータQuadForce v 0.1 FINALをリリースしていました。

Triforceはゲームキューブ互換のアーケードゲーム基板で、そのTriforceで動作するアーケードゲーム『マリオカート アーケードグランプリ』と『マリオカート アーケードグランプリ2』というマリオカートのアーケードゲーム版ゲームをSDカードからWiiで起動するのがQuadForceです。Triforceのゲームは他にもあるのですが、それらは動作しません。またTriforceはゲームキューブ互換ではありますが、ゲームキューブタイトルは起動しません。

crediar氏によると、quadforceプロジェクトは今年の2月から開発が進んでいたそうです。ゲームキューブをSDカードから起動するDML(オープンソース)をベースにしているわけではなく、ソースコードが公開されているelfloader以外のGPLコードは使用していないためソースコードの公開予定もないとしています。

動作するゲームが2種類しかないため今後のアップデートに期待したいところですが、今回のバージョンが実は最終版になる予定で、本来実装予定だったUSBのサポートや、ゲームキューブワイヤレスコントローラーWavebirdのサポートなどは実装されないままになります。つまりは、ベータ版のような状態で開発終了ということです。

何故中途半端な状態のままになってしまったのか、詳しいことは分かりませんが、readmeには旧バージョンをリースしてしまったプロジェクトメンバーに対しての怒りのコメントが書かれていました。どうやら勝手に公開されたことに対してcrediar氏は怒りを爆発させ、自分がもう開発に関わらないことを宣言した状態のようです。

crediar氏が開発の中心人物だったことは間違いなく、察するに自分がいないと開発が進まないくせに自分の許可なく勝手に公開したことに対する抗議行動のようです。俺がいなきゃ何もできないだろ?的な?

Tags: , ,

  1. nr’s avatar

    リークしたのはDMLのソースを買ったg0dlike氏の疑いが強いようです。
    GBAtempのDIOS MIOSトピックでチャットログが公開されていました。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です