E3 Teamが目指していたのはTrue Blueクローンなどではなかった





PS3crunchで、E3 Team(E3DIY team)がPS3のCFW 3.55での要求ファームウェア3.60以上のゲーム起動をTrue Blueとは異なる方法で実現したと公式に発表したことを伝えていました。

E3 TeamがTrue Blueと同様CFW3.55で3.60+のゲーム起動に成功したと発表したことは記憶に新しいですが、実はTrue Blueのクローンではなく全く別の方法で起動に成功したことをE3 Teamが明らかにしました。

E3 Teamによると、古いファームウェアで最新のゲームを起動するための方法は3つあるそうです。その3つの方法をそれぞれ解説してくれています。

    [方法A]
    鍵などを必要としない方法で、CFW 3.55で最新ゲームを起動できるようバイパスさせる。現在市場に出回っているUSBデバイスを使ったツールはこの方法を利用しているものと思われる。この方法であればCFW 3.55で要求ファームウェア4.11のゲームでも容易に起動が可能になる。しかしながら一部のゲームはこの方法では動作しないが方法としては簡単で、要求ファームウェア3.60以上のゲームであっても10分あれば動作するようにモディファイすることが可能である。

    [方法B]
    秘密鍵でゲームを復号し3.55の鍵で暗号化し直す。そうすることでCFW 3.55で動作するようになる。
    例えば3.65のゲームなら3.65の鍵が必要で、4.11のゲームなら4.11の鍵が必要だ。
    E3 Teamは4.11までの鍵の入手に成功した。次の4.20であってもそれ以降でも同じ方法で鍵を入手することができるのは間違いない。少し時間がかかるだけだ。つまり、E3 Teamは方法Bでどんな最新のゲームでも復号することが可能だ。
    実はE3 Teamでは調査がすべて完了した暁には新しいファームウェアでCFW公開を計画している(もう3.55にこだわる必要がない)。

    [方法C]
    ブルーレイファームウェアをモディファイして最新のゲームを古いファームウェアで起動するようにすることができる。しかしこの方法で動作するゲームは非常に少ない。そのためこの方法の調査はすでに諦めた。

E3 Teamは現在低コストなUSBデバイスを開発中だそうです。この新製品に関しての情報は近日中に公開されるようです。

今回E3 Teamは実際に[方法A]で『Ninja Gaiden 3(欧州版)』と[方法B]で『Fifa Street 2012(欧州版)』を利用しCFW 3.55で起動させるためのEBOOTを配布しています。欧州版なので本当に起動するのかどうか分かりませんが、少なくともデュアルブートを実現するE3 Flasherなどで過去に実績挙げているE3 TeamですからFakeということはないでしょう。

[方法A]というのがTrue Blueの仕組みであり、その方法が公開されれば少なくともTrue Blueは不要になります。そして暗号化のための秘密鍵を発見する方法まで発見している時点でKaKaRoTo氏でも成し遂げられていないハードルをE3 Teamが超えている可能性があります。

[追記]
ビデオが公開されていました。True Blueなど他のドングルでは起動できていないブルーレイの『Splinter Cell Trilogy HD』の起動に成功している時点で今までのドングルとは異なることを示しています。
httpv://www.youtube.com/watch?v=lFq5nLFRSE8

Tags: , , , , ,

  1. trickart’s avatar

    CFW 5.55になってますよ。3.55じゃないでしょうか?

  2. mamosuke’s avatar

    失礼しました。直しました。

  3. 173210’s avatar

    前ドングルなしで3.60+のゲームを動かす方法にも[方法A]が使われてましたね。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です