Jack Tretton氏「PlayStation 4はXbox 720より先に発売するつもりはない」





CVGで、SCEAのCEO Jack Tretton氏が次世代機PlayStation 4の発売時期について目指すべきゴールはベストなマシンを作ることでライバルに先んじて発売することではないとして、マイクロソフトの次世代機より先に発売することを目指してはいないと発言したことを伝えていました。

Jack Tretton氏はマイクロソフトの次世代機よりも先にPS4を発売することを重要視していないことを次のように明言しました。

「(次世代機PS4を)我々がいの一番に出すということはないし、一番安くすることも考えていません。それがベストだと考えています。より良いマシンを開発して少し遅れて発売する方が、慌てて発売して長く販売していく途中で燃料切れになるよりは良いと思っています。」

「理想を言えば、ベストなマシンを最初に発売できて、それが一番安いというのが良いのでしょうが、我々の目指すナンバーワンゴールは常に注目を集められるベストなマシンとすることです。」

裏を返せば、現状ではベストなマシンになる見込みがないのかもしれません。価格的にも問題がある可能性もあります。

ゲームのマルチプラットフォーム化が進んでいる今、同じゲームがプレイできるならどのメーカーのゲーム機でも構わないのでゲーム機本体は安いに越したことがないと言えなくはありませんが、購入するための選択の理由付けとしてベストなマシンを提示して貰いたいですね。

Tags: ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です