期待の次世代機Wii Uのグラフィック性能はPlayStation 3/Xbox 360にも及ばない





Gamesindustryで、ニンテンドーWii Uのグラフィック性能はXbox 360やPlayStation3には及ばないことを伝えていました。

開発者筋の印象が主な根拠になっているWii Uのグラフィック機能性能の情報はXbox 360の数倍バワフルだったりPS3やXbox 360と同等だったりと、時間が経つにつれてスケールダウンしている印象がありますが、なんと”同等”から時間が経過した今回「Xbox 360やPlayStation3には及ばない」という一世代前のマシンにも追いついていないという開発者が現れました。通常新製品の情報については時間が経過するごとに正確性は増してくるものですが、その事例に当てはめるとWii Uはかなりがっかりな性能というのもあながちあり得ない話ではありません。

Wii U関連の開発をしているためWii Uのハードウェアに詳しいというある開発者筋は匿名を条件にGamesindustryに対して次のように語りました。

「Wii UはPS3やXbox 360と同じレベルにも行き着いていませんよ。グラフィック性能は強力とは言えません。」

その人物だけがそう感じているのかと言えばそうではなく、大手企業の開発者の中にも同じように思っている人物はいるようです。

現行Wiiでも素人目に見ても明らかにPS3やXbox 360の方が(HD出力の有無自体でも判断がついてしまいますが)画質も良いため次世代機となるWii Uでは当然PS3やXbox 360を圧倒的に上回る性能を持つものだと誰もが思っていたはずですが、実際には任天堂の次世代機でもPS3やXbox 360にすら追いつかないことになります。

グラフィック性能はかけるコストに比例するのでコストさえかけられるのであれば性能は如何様にも向上させることができます。ただしそれでは本体価格が高騰化するため安易に性能を追求する訳にはいきません。

性能が現行世代にも劣るとなるとWii Uの特徴はタブレットコントローラーを採用しているだけと思われかねません。もちろんタブレットコントローラーならではのゲーム体験は可能になりますので性能だけが全てだとは思いませんが、Wii Uに接続可能なタブレットコントローラーは1台のみとされており、例えば4人で同時プレイする場合タブレットコントローラーを使えないプレーヤーは現行のWIiと同じWiiリモコンを使うことになります。つまり新感覚ゲーム体験ができるタブレットコントローラーを使えるのは一人だけで、他の3人はWiiリモコンを持ちWiiと同じゲーム体験しか味わうことができないことになります。カジュアルゲーマーをターゲットにタブレットコントローラーを使った新しい感覚のゲーム体験を売りにしてもそれが必ずしも成功に結びつかない可能性が大いにあると言えそうです。

Tags:

  1. Matyapiro’s avatar

    すでに明らかになっているスペックから考えて、それはないと思います。
    DirectX8相当ですし。
    開発が下手で文句を言っているだけではないでしょうか。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です