PSPエミュレータとPlayStation Vitaのプロトコル Kermit





lolhax – Davee’s blogで、Davee氏がPS VitaのPSPエミュレータのカーネルアクセスを実現したHEN(Homebrew Enabler)についてそのPSPエミュレータとPS VitaとのコミュニケーションインターフェイスKermitについての情報を公開していました。

KermitとはPSPエミュレータがVita本体のリソースを利用するためにVitaのホストと通信するためのプロトコルで、これを利用することでVitaのハードウェアを利用することができます。

具体的にはkermitにより、以下のハードウェアを利用できるようになるそうです。

    Memory stick
    Flash filesystem
    DMA
    LCD
    GE
    IDStorage
    Audio
    Camera
    Power Control
    USB
    OSK
    WLAN
    RTC
    … など

面白いことに、kermitは何故かヘッドフォンリモートやコントローラー入力には使われていないそうです。

技術的な説明をDavee氏はしてくれていますので、興味のある方は読んでみて下さい。

https://github.com/DaveeFTW/vita_kermit
にて、kermitをリバースした情報を掲載しています。

Vitaで動作するHENのリリース予定はないようですが、VitaシーンにとってHEN自体の公開よりこちらの方が遥かに盛り上がるきっかけとなりそうです。

Tags: ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です